ミッフィーが銀座に! 生誕65周年を祝う展覧会。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ミッフィーが銀座に! 生誕65周年を祝う展覧会。

誰もが知る世界的キャラクター、ミッフィー。日本初公開を含む貴重な原画や創作メモの展示を通して、彼女とその家族や友達が紡いできた物語を紹介する展覧会が開催に。原作者ディック・ブルーナの創作の軌跡や、日本との関係に迫る展示も。

展覧会メインビジュアル『うさこちゃん おばけになる』印刷原稿2001年 Illustrations Dick Bruna ©︎ copyright Mercis bv,1953-2020 www.miffy.com
1955年の誕生から、世界中で愛されるミッフィー。生誕65周年を記念した企画展『誕生65周年記念 ミッフィー展』が、7月23日より〈松屋銀座〉8階のイベントスクエアにて開催される。

展覧会のテーマは、“with”。これまでに発表された6つの絵本作品の直筆原画やスケッチ、創作メモなどの貴重な資料を通して、ミッフィーとその家族や友だちが紡いできた心温まる物語を紹介し、ミッフィーの魅力をあらためて知る展示となっている。
本展のために特別に来日した『ゆきのひの うさこちゃん』原画1963年 Illustrations Dick Bruna ©︎ copyright Mercis bv,1953-2020 www.miffy.com
『ゆきのひの うさこちゃん』原画1963年 Illustrations Dick Bruna ©︎ copyright Mercis bv,1953-2020 www.miffy.com
初期の名作として広く知られている『ゆきのひの うさこちゃん』(1963年)の原画は、これまで日本では1枚しか公開されていないが、今回初めて一堂に公開される。ブルーナが手塗りで色をつけていた時代の原画で、その温もりある色づかいを見られる滅多に無い機会だ。

また、『うさこちゃん ひこうきにのる』(1970年)といった初期の作品から、ミッフィーが登場する最後の作品となった2011年の『うさこちゃんと ふがこちゃん』まで、幅広い年代の作品をセレクト。多くの世代が楽しめる内容になっている。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます