古典と現代をマッシュアップ! アートのタイムトラベルへ|青野尚子の今週末見るべきアート | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

古典と現代をマッシュアップ! アートのタイムトラベルへ|青野尚子の今週末見るべきアート

「新旧の日本の美術が出合ったら?」を実験した『古典×現代2020ー時空を超える日本のアート』展。時代やジャンルを超えた組み合わせが意外な発見をさせてくれます。

「刀剣×鴻池朋子」の展示風景。天井から幅24メートルの《皮緞帳》(2015年、高橋龍太郎コレクション)が下がる。
国立新美術館で開かれている「古典×現代2020 時空を超える日本のアート」展は花鳥画と川内倫子、仏像と田根剛、北斎としりあがり寿など日本美術史の巨匠と、若手からベテランまで現代作家を組み合わせた展覧会。8つの展示室に一組ずつ、作家たちが登場する。

「海外では古い時代の美術と現代美術を対比させるといった展示はときどき見かけますが、日本ではあまり見ないな、と思ったのがきっかけのひとつでした。そもそも日本の『美術』は明治時代に生まれた概念で、確固たる枠組みがあったわけではありません。その明治以前の日本美術に現代日本を代表する美術や建築、デザインなどを組み合わせたら何が見えてくるのだろう、と思ったんです」と担当学芸員の長屋光枝さんは言う。

●仙厓×菅木志雄

「仙厓×菅木志雄」、菅の作品。左は《支空》(1985/2020年、作家蔵)、右は《縁空》(2020年、作家蔵)。空は禅における重要な概念“無”にも通じる。
会場では8組の作家がそれぞれインスタレーションを制作したような構成になっている。ゆるい禅画で人気の仙厓義梵と組んだのは菅木志雄だ。仙厓の軸は禅画でよく描かれる円相に「これくふて(食うて)茶まいれ」、これを食べてお茶でもどうぞ、との賛がある一品。完全なものや悟りを象徴するとされる円相を饅頭に見立てているのだ。親しみやすいユーモアで禅の教えを示す。
仙厓義梵《円相図》(江戸時代・19世紀、福岡市美術館〈石村コレクション〉)。仙厓は円相を茶菓子に見立てた禅画を複数、残している。 ※この作品は7月6日までの展示。
その前に大きく広がる菅の立体作品は円形の金属板や木や石、竹などを組み合わせたもの。作品からどのようなことを読み取るか、観客に任されているのが現代美術の特徴だが、禅画にも同じことが言える。筆でぐるっと描いた円や床に置かれた大きな円を宇宙の真理と考えるかお茶菓子と見立てるか、そこにはどんな意味があるのか、行きつ戻りつしながらさまざまなことを考えるのが悟りへの第一歩だ。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます