青木野枝がつくる透明な鉄の森へ|青野尚子の今週末見るべきアート | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

青木野枝がつくる透明な鉄の森へ|青野尚子の今週末見るべきアート

重いはずなのに軽やかに感じる青木野枝の作品。2019年、長崎・鹿児島・東京の3ヶ所で開いてきた個展はそれぞれの場に合わせた、全く異なるものでした。東京の〈府中市美術館〉で彼女が展開している空間とは? ご本人に話を聞きました。

《霧と鉄と山 — II》2019年。
『青木野枝 霧と鉄と山と』――2019年12月14日から始まった〈府中市美術館〉での個展のタイトルだ。鉄は青木が初期からずっと使っている素材。この会場でも、直線や環状の鉄を塔や山のように組み合わせた、大きなオブジェが出迎える。
《霧と鉄と山 — II》ディテール。ガラスは色の濃いものから透明度の高いものまで数段階のものが使われている。
「鉄は熱すると赤く光るんです。特に厚い鉄は冷えるときに周りから冷えていくので、半透明になって中に光が残る。まるでゼリーの中のようで、すごくきれいだなあ、と思っていました。だから鉄は私にとっては透明な素材なんです」(青木野枝)

〈府中市美術館〉では輪になった鉄のパーツをつなぎあわせた作品が2つ、出品されている。鉄の板を環状に溶断し、それらを溶接したものだ。この輪のパーツを作る作業に時間がかかるのだという。
《霧と鉄と山 — I》ディテール。2つの輪を組み合わせたパーツをさらに組み上げて、山の形にしている。
「朝から夜まで鉄の板をずっと、何千、何万と丸く切っていくんです。でも繰り返すのが大事なのでは、と思ったりもする。繰り返すといっても同じところに戻ってくることはありません。『平家物語』の『諸行無常』や『方丈記』の『ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず』という文章のように」

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます