「建築」への眼差し ─現代写真と建築の位相─ | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

「建築」への眼差し ─現代写真と建築の位相─

『カーサ ブルータス』2018年9月号より

これまで撮られてきた建築の記録写真ではなく、写真家や現代美術家が建物を自由で多彩な手法で捉えた写真を展示。

カンディダ・へーファー「エルプフィルハーモニー・ハンブルク ヘルツォーク&ド・ムーロン ハンブルグ II  2016」© Candida Höfer, Köln / VG Bild-Kunst, Bonn Courtesy Yuka Tsuruno Gallery
トーマス・ルフ、杉本博司、ホンマタカシなど、作家13人が〈サヴォア邸〉や〈カノアスの邸宅〉など、さまざまな建築物を撮った作品が集まる。会場設計は建築家の田根剛。

建築倉庫ミュージアム

東京都品川区東品川2-6-10 TEL 03 5769 2133。〜10月8日。11時〜19時(最終入場〜18時)。月曜休(祝日の場合、翌日休館)。入場料3,000円。