猪飼尚司の「段階的リノベーションのススメ」#01|人生2度目の家づくり、始めました。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

猪飼尚司の「段階的リノベーションのススメ」#01|人生2度目の家づくり、始めました。

家は「一生に一度の大きな買い物」と言われますが、段階的にリノベーションすれば何度でも家づくりの醍醐味が楽しめるのでは? 多くのデザイナーや建築家の取材を通して学んだ暮らしのノウハウが、どこまで自分に活かせるか。デザインジャーナリストの猪飼尚司が、最初の自邸の改装から7年たった今、人生2度目のリノベーションに挑戦します。

いかいひさし 大学でジャーナリズムを専攻後、渡仏。96年帰国し、フリーランスとして活動を開始。現在は、デザイン分野を中心に、国内外で取材を行う。本誌をはじめとした雑誌のほか、企業のブランドブックや展覧会や地場産業プロジェクトのサポートなどを手がける。最近の仕事に、〈アルテック〉企画展冊子『a chair≠the chair』、〈能作〉作品集『100のそろり』など。
猪飼邸、現状間取り図。広さ約60平米のワンルーム。購入時は押入れ付きの個室+リビングルーム、玄関周りは風呂、トイレ別という在り来たりな間取りだった。

玄関とお風呂が一体に!?

ドアを開けると、モルタルで土間のように仕上げた床の先に、いきなりバスタブが現れる。
玄関と水回りを連続した一間に。窓が2ヶ所にあるので湿気がこもることもない。
左側の壁に敢えて厚みを持たせ、その内部に配管やトイレのタンクを収めてスッキリと。
パイン材のフローリングを部屋からキッチン前に伸ばし、連続性を保たせている。
ドアを開けると、モルタルで土間のように仕上げた床の先に、いきなりバスタブが現れる。
玄関と水回りを連続した一間に。窓が2ヶ所にあるので湿気がこもることもない。
左側の壁に敢えて厚みを持たせ、その内部に配管やトイレのタンクを収めてスッキリと。
パイン材のフローリングを部屋からキッチン前に伸ばし、連続性を保たせている。
家をつくるとき、夢をいっぱい描きすぎて、なかなか具体的なアイデアがまとまらないと頻繁に耳にします。僕はこれまでに、多くのデザイナーや建築家と交流を重ねていたこともあり、「プランを考えるのなんてカンタンなのに、そんなに悩むことってあるかな」なんて疑問に思っていました。

しかし、いざ自分ごととなると現実はそう簡単なものではありませんでした。9年前、東京都内にリノベーションを前提に築30年の1LDKマンションを購入。「玄関が狭いので、風呂と繋げたい」と何人かに相談を持ちかけるものの、機能的じゃないと一蹴され、2年ほどやきもきしていました。しかし、購入から2年が経ったある日のこと。旧知のデザイナー、柳原照弘くんと食事をしつつ家のことを愚痴っていたら、彼から「猪飼さんだったら、そのプランでいいのにね」と初めて肯定的な意見が返ってきました。

早速僕は柳原くんに「スケルトンをデザインするような感覚で」とオーダー。間も無く柳原くんは、玄関周りの壁や扉をすべて取り除き、風呂やトイレをそのままセットするという大胆なプランを提案してくれ、それが頭のなかにぼんやり描いていたイメージとぴったり一致したのです!!! 具体的なデザインを決めることよりも、感覚をいかに共有するのかが大切なのだと知りました。

暮らしながら、次の段階を考える。

大きな窓から外光が入るキッチン。掃除機などの収納スペースがないのが悩みだった。
アールのついたキッチン入り口は、お気に入りのポイント。既存のままに意匠を残した。
大きな窓から外光が入るキッチン。掃除機などの収納スペースがないのが悩みだった。
アールのついたキッチン入り口は、お気に入りのポイント。既存のままに意匠を残した。
玄関周りは理想どおりのかたちが見えてきたものの、ここだけで予算の3分の2を使い果たしてしまうことが判明。肝いりのエリアだけに、プランは崩したくありません。

理想とするプランと予算の問題は、必ず付いて回る問題です。お風呂をユニット式にするなど、素材や工法をシンプルにして、平均的にコストを下げるのが一般的なのでしょうが、僕はそれが納得できませんでした。

今後、何十年とかけて過ごしていく家。「手入れをする」ような感覚で、暮らしの変化に合わせ、部分的かつ段階的にリノベーションしていこうと考えた瞬間、気持ちに大きな余裕が生まれました。

マンションができた当時に設置されたシステムキッチンはかなりガタがきていましたが、まだギリギリ現役。アールがついたキッチン入り口やレンガのタイル壁は雰囲気があって好きだったので、それらをすべて残して生活を続けることにしたのです。