建築家が暮らす名住宅〈中心のある家〉が映画のロケ地に! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

建築家が暮らす名住宅〈中心のある家〉が映画のロケ地に!

建てられてから40年あまり、今も多くの人を惹きつける住宅建築の傑作〈中心のある家〉(阿部勤設計)で、まどろんでみる夢のような映画が撮影されました。中山美穂とキム・ジェウクが演じる二人の物語に、長い時間が染みこんだ家が寄り添います。

入れ子状になった〈中心のある家〉の外周と内周に立つ松村涼子(中山美穂)とチャネ(キム・ジェウク)。二人の間の微妙な距離を暗示する。
映画『蝶の眠り』は韓国のチョン・ジェウン監督の作品。中山美穂演じる50代だが美貌の小説家、松村涼子と、キム・ジェウク演じる韓国からの留学生、チャネの人間模様を描く。この映画で、松村涼子の自宅兼仕事場として登場するのが阿部勤の自邸〈中心のある家〉だ。1974年完成、メディアに登場することも多い名作建築である。
2階窓際のデイベッドでくつろぐ松村涼子(中山美穂)とチャネ(キム・ジェウク)。
阿部は坂倉準三の事務所で〈神奈川県庁舎〉などを担当した建築家。1966年から70年までタイで高校などの設計に携わり、71年に坂倉準三建築研究所を退所して室伏次郎とアーキヴィジョン建築研究所を設立した。その後、84年にアルテックを設立、今も自邸〈中心のある家〉から事務所に通っている。
2階の南側は光があふれるエリア。チャネ役のキム・ジェウクは幼少期を日本で過ごし、きれいな日本語を話す。
〈中心のある家〉は、この家が入れ子状になっていることから名付けられた。コンクリートでつくられた7.7メートル角の正方形の箱の中に、同じくコンクリートの3.5メートル四方の箱が入っている。その上に木の屋根が載っている。

この家では、I字型のキッチンをペニンシュラ型に変えた以外は大きな改修はしていない。軒に守られたコンクリートの壁は今もすべすべとした美しい表情を保っている。
2階のまさに“中心”にあるスペース。普段は阿部が集めた楽器などが置かれている。真ん中の小椅子は阿部の私物で、シャルロット・ペリアンのデザインを復刻したもの。
ここには建築を学ぶ学生たちが見学に来ることもあるが、不思議とみんな長居してしまう心地よさがある。映画でも登場人物たちは、この家でリラックスした様子で素をさらけ出すように振る舞う。その理由の一つは「空間が無垢の素材で構成されているからだと思う」と阿部は言う。表面にいろいろなものを塗ったりしていない木や石、コンクリートは月日とともに“味”が出てくる。天井板やカウンターの木は年月を経てしっとりとした色合いだ。
1階のレンガのデッキは、屋内のような屋外のようなあいまいなスペース。
〈中心のある家〉の居心地のよさのもう一つの理由は、あいまいな空間が多くあることだろう。外側の箱の1階部分にはインナーテラスのような、内部とも外部とも言いがたいスペースがある。2階の「デイベッド」と阿部が呼んでいる場所は昼寝をしてもいいし、大きなソファのようにも使える。2階の内側の小さな箱には数段の階段を上って入るようになっている。この家の“中心”を阿部は寝室にしているが、ジャンベというアフリカの太鼓を叩いたり、音楽を聴いたりもする。空間の役割をきっちりと決めない融通無碍な在り方は、涼子とチャネの不思議な関係にふさわしい。