磯崎新とアニッシュ・カプーアの〈アーク・ノヴァ〉が東京にやってきた! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

磯崎新とアニッシュ・カプーアの〈アーク・ノヴァ〉が東京にやってきた!

〈東京ミッドタウン〉の芝生広場に現れた巨大な移動式コンサートホール〈ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ〉。建築家の磯崎新とアーティストのアニッシュ・カプーアのデザインです。東日本大震災の復興支援として生まれたホールは10月4日までの期間限定設置。不思議な空間を体験するチャンスです!

東京ミッドタウンに突如出現した〈ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ〉。
東京ミッドタウンに突如出現した〈ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ〉。
「人の体の中に入ったような、あたたかみのある空間」。9月19日に行われた〈ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ〉(以下、アーク・ノヴァ)のオープニング・セレモニーで梶本眞秀はそう語った。〈東京ミッドタウン〉の芝生広場ほぼいっぱいに広がった、巨大な風船のような移動式のコンサートホールだ。磯崎新とアニッシュ・カプーアが共同でデザインしている。

〈アーク・ノヴァ〉の内部。
梶本はクラシック音楽を中心にイベント企画を手がけている。2011年3月12日、東日本大震災の翌日に梶本のもとにかかってきた1本の電話がこの〈アーク・ノヴァ〉の始まりだった。電話をしてきたのは旧知のルツェルン祝祭管弦楽団の創設者、ミヒャエル・ヘフリガー。自分にできることはないだろうかと尋ねてくれたミヒャエルに梶本は「音楽で被災者を励まして欲しい」と答える。

さらに梶本が友人の磯崎新に相談すると、磯崎は「移動式のコンサートホールはどうだろう?」というアイデアを出してくれた。被災地は海岸沿いに200kmにも及ぶ。一つのコンサートホールを建てるよりも、移動式にしていろいろなところを回れるようにしたほうがいい、という考えだった。磯崎は梶本にアニッシュ・カプーアの作品を紹介する。こうして〈アーク・ノヴァ〉が誕生した。