スイスで世界最長のトンネルがオープン! 最先端の土木と建築をレポートします。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS facebook-a facebook instagram line twitter youtube

スイスで世界最長のトンネルがオープン! 最先端の土木と建築をレポートします。

デザイン先進国、スイス。でもその自慢は世界的に有名な時計、ヘルベチカだけではありません。12月に開通する世界最長のトンネル〈ゴッタルドベーストンネル〉をはじめ、控えめなスイス人がひそかに誇りにしている土木と建築の現場にお邪魔してきました。50年先を考えてアルプス山脈や湖など自然の美しさを引き立てる、スイスの巨大デザインを紹介します。

2012年にルツェルン湖の南、シュタンザーホルン山で就航した世界初の360度眺望のオープンデッキがあるケーブルカー《カブリオ》。
スイス・デザインには定評があるけれど、土木のような巨大構造物でも建築でも国民の意思を取り入れながら緻密に作り上げているのを知っていますか? どこを見ても美しい景観が広がるスイスの国土は、そんな繊細さの積み重ねでできている。

《カブリオ》はスイスの山や湖をより美しく見せるデザインの一つ。スイスでは100年ほど前に山岳観光を主要産と位置づけ、アルプスの各地で山岳鉄道や高さ150mもある展望エレベーター、山上のホテル・レストランなどを盛んに開発してきた。山どうしの競争も激しく、独自のセールスポイントを打ち出すため、今も各地で新しいケーブルカーやレストランなどを作っている。《カブリオ》のデザインはスイスのトーマス・クフラーによるもの。両脇のケーブルで揺れを抑えつつ、白と黒のツートーンですっきりとしたデザインだ。
12月10日まで運行される〈ゴッタルドベーストンネル〉の特別試乗車《ゴッタルディーノ》。トンネルの途中で停車して記念撮影させてくれるサービスぶり。
2016年6月に開通し、12月から本格運用される〈ゴッタルドベーストンネル〉は増え続ける貨物・旅客数に対応するためのもの。全長57km、1988年に開通した青函トンネルを抜いて堂々たる世界一の座についた。12月11日の一般利用の開始までは試験運転や、特別にチケットを買った人のための試乗車が運行されている。
特別試乗車の乗客に配られたシリアルナンバー入りパスポート。ギャラリー内でスタンプを押す。
試乗車は1日1往復ずつ。すでにチケットは売り切れた。通常は20分弱でトンネルを通過してしまうが、特別にトンネルのほぼ中央で停車して乗客を降ろしてくれる。このトンネルは単線の鉄道トンネルを2本掘っており、上下線の間には緊急時に避難するための通路がいくつか作られているのだが、その退避路のひとつがギャラリーになっているのだ。