模型だって文化遺産です! 〈建築倉庫〉がオープン。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

模型だって文化遺産です! 〈建築倉庫〉がオープン。

海外の美術館にどんどんと流出している日本の建築模型。その貴重な文化遺産を保管・展示する場所ができました。一般の人も模型を楽しめる、新しいミュージアムです。

天井高は5.2m。模型が入っていた箱も並べていて、模型に対する建築家の考え方が垣間見える。模型には建築家の詳しい情報にアクセスできるQRコードもつく予定。
手間暇かけて作った建築模型の置き場所に困っている設計事務所のみなさんに朗報です。耐震対策や温度・湿度管理など、美術品の保管に長年の蓄積がある寺田倉庫が、建築模型を専門に保管するスペースをオープン。その名も〈建築倉庫〉だ。きっかけについて寺田倉庫の徳永館長は言う。

「建築家の方からは、事務所には場所がないし、地方の倉庫は出し入れが面倒という声がありました。日本の建築は世界の注目を集めていますし、建築模型は貴重なアーカイブ資料であり、美術品としても価値がある。それを保管しつつ、公開すれば面白いと考えました」

ということでこの〈建築倉庫〉、入場料を払えば誰でも見学可能。坂 茂、隈研吾、山本理顕、CAt、青木淳、名和晃平らのSANDWICHなどの模型を間近に見られる。完成形に近い精緻な模型も楽しいし、建築家の思考に触れられるスタディ段階の模型も興味深い。

いずれは場内でシンポジウムや建築家によるギャラリーツアーも開催したいそう。建築模型は、完成した建物からはわからない、建築家の試行錯誤のあとが刻まれた文化遺産だ。これから模型が増えていくことで、建築についての理解や議論がより深まるはず。