岡山県蒜山高原で、隈研吾が提案する資源活用の新たな可能性。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

岡山県蒜山高原で、隈研吾が提案する資源活用の新たな可能性。

『カーサ ブルータス』2021年9月号より

岡山県真庭市に新たなランドマーク〈グリーナブルヒルゼン〉が誕生。東京・晴海から移築したパビリオン〈風の葉〉、〈蒜山ミュージアム〉などすべてが隈研吾による設計。

光が注ぎ、風が抜ける半屋外仕様の〈風の葉〉。パネルの素材は、木材を直交して重ねたCLT(直交集成板)。節の多い木材を活用でき、資源の有効利用が可能。
東京・晴海から移築した〈風の葉〉は、再生できる持続可能な建築のあり方を提示している。注目は〈サイクリングセンター〉。蒜山の里山の生態系維持のために刈る茅を軒下や天井に活用。資源を活かし循環させる新時代の建築を体現する施設だ。
〈サイクリングセンター〉は茅のほか〈風の葉〉と同様のパネルを採用。
建物内の天井やカウンターにも茅を使用。上から押し迫るような茅が空間に迫力をもたらす。
隣接する〈蒜山ミュージアム〉には、隈研吾建築都市設計事務所の建築模型やアートを展示。
ミュージアムの階段に施された木組みは圧巻。
〈風の葉〉のパネルと同じ素材を緻密に積み重ねたミュージアムの軒も見どころのひとつ。

〈グリーナブルヒルゼン〉

岡山県真庭市蒜山上福田1205-220 TEL 0867 45 0750。9時〜17時。水曜休(祝日は開館、翌日休)。

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!