アートの新名所〈グレイス・ファームズ〉がNY郊外に誕生! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

アートの新名所〈グレイス・ファームズ〉がNY郊外に誕生!

SANAAが手がけた、アートと思索の空間〈グレイス・ファームズ〉って、どんな場所?

コモンズと呼ばれるダイニングエリア/リビングルーム。コーヒーバーや、なんと暖炉まで。家具には地元で伐採した木を使っている。 photo_Dean Kaufman
コネチカット州ニューケイナンにアートやデザインを楽しめる新デスティネーションが現れた。その名も〈グレイス・ファームズ〉。土地の起伏に沿って緩やかに蛇行する建物〈リバー〉を設計したのは、なんと日本のSANAA。その名の通り、流れる川を思わせる建物の内外では、トーマス・デマンドやオラファー・エリアソン、テレジータ・フェルナンデスなど錚々たるアーティストの作品に出会うことができる。
東京ドーム約7個分の敷地に広がる〈リバー〉。まさに川のよう。 photo_Iwan Baan
〈グレイス・ファームズ〉は、ニューヨークグランドセントラル駅から、メトロノース鉄道でおよそ1時間半ほどの距離にある。コネチカットの深い森に抱かれて、アートやデザイン、そして大自然を五感で満喫できる場所だ。地域の人々は集会やイベント、子供のスポーツ活動などに活用する一方、ニューヨークをはじめ国内外からは建築・アート好きがはるばる訪れる。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます