【緊急特集】新国立競技場は誰がつくるのか? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS facebook-a facebook instagram line twitter youtube

【緊急特集】新国立競技場は誰がつくるのか?

2020年の東京五輪まであと4年半。白紙撤回となった新国立競技場は果たしてどうなるのか? 同じ過ちを繰り返さないためにも、2009年からの経緯をつぶさに振り返ります。

解体工事がほぼ終わった国立競技場跡地。外苑の中心に位置していたことがよくわかる。4年半後、いかなるスタジアムが完成しているのか。 photo_Takashi Homma
五輪のメーンスタジアムとして使われ、東京の新しい顔となるべく計画された新国立競技場だったが、デザイン競技で選ばれた案は突如として捨てられ、設計から選び直しとなった。迷走の張本人は誰なのか。その特定は難しいが、少なくとも、関わった建築家たちは、いずれも最善を尽くしていたのではないか。

世界から集まった46案のうち、最優秀に選ばれたのはザハ・ハディドの案。個性的な作風の建築家だけに、その評価は確かに分かれる。しかし、一部の報道で言われた「アンビルトの女王」という称号ははるかに前のこと。今や世界各地で次々と主要建築を実現させている。実現が不可能だったとするのは、濡れ衣もいいところだ。

ハディドの監修のもと、実施設計までを行ったのは日建設計をはじめとする日本のチームだった。問題視されたのは工費の膨張。しかし施工者が示す金額が、設計者の想定を上回るのは、住宅の設計でもよくあること。施工者や建築主と話し合いながら、設計案を変更して金額を落としていくのは、通常の設計プロセスだ。それを十分に行えないまま、設計者たちは退場を余儀なくされたように見える。

ハディドを選んだ審査員たちも、その案に反対した建築家たちも、それぞれの立場から正しく主張した。

そしてその結果が、設計提案のやり直しとなってしまった。募集に応じたのは、わずかに2グループ。今年の末には設計が決定するが、五輪の開会式までわずか4年半しか残されていない。そしてその選考基準も、工期の短さにポイントが置かれるのだという。優れたスタジアムがつくられる道筋は狭まってきたが、その方向をさぐるためにも、ここに至るまでの経緯を振り返ってみたい。

最新号『ビックリ建築ツアー!』発売中

ザハ・ハディドやキールアーチという単語が普通に会話に出てくるなど、今や「現代建築」の話は、日本のお茶の間ではフツーのこととなりました。また、この秋、東京では巨匠フランク・ゲーリーの展覧会が2か所で同時開催。ゲーリー本人(86歳)も来日し、建築熱は最高潮に達しています。そこで今回はザハやゲーリーの作品を筆頭に世界のビックリな現代建築を大特集。この特集を片手に今こそ「驚き」にあふれる現代建築を巡る旅に出かけましょう!

>>すべての目次と立読みはこちら

>>amazonで購入する

>>Kindle版

>>Newsstand版(自動更新がお得!)

>>dマガジンでもお楽しみ頂けます