〈ホテルオークラ東京〉旧本館の家具やグッズをウェブサイトで販売! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈ホテルオークラ東京〉旧本館の家具やグッズをウェブサイトで販売!

建て替えに向け、2015年8月31日に閉館した〈ホテルオークラ東京〉本館にて使われていた、家具や備品などがウェブサイト上で販売開始される。収益は音楽活動の発展に役立てられる。

2015年8月31日、老朽化のため、惜しまれつつ営業を終了した〈ホテルオークラ東京〉本館は、現在、2019年の営業再開に向け、解体工事が進められている。旧本館で開業時より受け継がれ親しまれてきた、客室やレストランの椅子やテーブルなどの家具や備品類の一部(300点以上)、宴会場の壁紙やじゅうたんなどを加工したプロダクトの数々が11月4日より、ウェブサイト上で販売開始された。

商品は、リユース活用型のクラウドファンディングサービス〈リユー ファンディング〉と〈チケットぴあ〉の2つのウェブサイトを通して販売。収益は福島県相馬市と岩手県大鎚市にて音楽教育活動を行う「エル・システマジャパン」等に寄付される。

モダニズム建築の名作と讃えられ、世界中のセレブリティ、クリエイターたちに愛されてきた、〈ホテルオークラ東京〉旧本館。その息づかいを感じる家具や備品で自宅を彩るとともに、社会貢献もできる、またとない機会に参加してほしい。

ホテルオークラ東京“Charity Project for Music”

客室、レストランで使用されていた椅子やテーブルなどの家具類の販売:リユー ファンディング ~12月20日21時終了予定。全8期、7週にわたり販売。



館内の備品や壁紙、絨毯などを加工したプロダクトの販売:チケットぴあ販売サイト

【関連記事】

ジャパニーズ・モダンの最高峰
オークラ本館の魅力をじっくり研究してみましょう。


ニッポンのモダニズム建築を救え!

今すぐ重要文化財にしたい!モダニズム建築ベストリスト。