奈良公園内に、隈研吾デザインの最新ホテルが誕生! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

奈良公園内に、隈研吾デザインの最新ホテルが誕生!

世界遺産に囲まれた奈良公園内に、新しいリゾートホテル〈ふふ 奈良〉が2020年6月5日にオープンする。

古都奈良の景観を継承するデザイン。
〈熱海 ふふ〉〈ふふ 河口湖〉などのラグジュアリーリゾート「ふふ」シリーズの最新ホテルが、奈良公園内に誕生する。

設計を手がけたのは隈研吾。古都奈良の景観を継承する大和張り、 奈良格子、 連子格子を取り入れ、陰影のある表情を生み出した。また木目の美しい吉野杉をふんだんに用いることで、 訪れる世界中の人々が奈良の魅力を感じられるようにした。

「深い杜と調和するヒューマンスケールな甍や吉野杉の大和張りがつくる陰影、 野趣あふれる新旧の庭園など、 奈良の歴史風土に根差した数々の設えが現代の『庭屋一如』を体現している」と隈は言う。

庭は、日本を代表するランドスケープアーキテクト・宮城俊作が設計。既存樹を積極的に活かしたデザインで〈ふふ 奈良〉の景観を彩る。
大阪の山口財閥の当主であった山口吉郎兵衛の茶室を庭に再現。
日本古来の縁側文化を思わせる、掘り込み式のリビング。段差は快適なソファにしてもよし、 昼寝の布団、座卓でもよし。
古来から床に座る、日本のスタイルに近い滞在ができる。
奈良の寺院巡りで歩き疲れた体を癒すのは、全室完備された客室露天風呂。庭園の緑の香りを感じながら楽しめる天然温泉だ。
フランスの高級スキンケア〈SISLEY〉のSPAでは、薬草を使ったオリジナルの施術が体験できる。
隈の日本らしい“おもてなし”が随所に込められた〈ふふ 奈良〉。奈良の伝統を再生する新たな観光スポットとして注目だ。

〈ふふ 奈良〉

奈良県奈良市高畑町1184-1 TEL 0557 52 6606。2020年6月5日オープン。2名1室77,000円~(1泊2食付き)。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます