スキーもできる、コペンハーゲンの次世代型発電所。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

スキーもできる、コペンハーゲンの次世代型発電所。

『カーサ ブルータス』2020年1月号より

2025年までに世界初のカーボンニュートラル都市を目指すコペンハーゲンに、山岳スポーツができる廃棄物発電所が完成した。

人工芝のスキースロープは年中滑走可。
都会の真ん中でスキーをエンジョイ!
人工芝のスキースロープは年中滑走可。
都会の真ん中でスキーをエンジョイ!
ビャルケ・インゲルス率いるBIGの設計で完成した〈コペンヒル〉は廃棄物発電所にして山岳スポーツもできる施設。草木が茂る屋根でハイキング、スロープでスキーやスノーボード、建物外壁ではクライミングができる。煙突から排出されるのは水蒸気とCO2だけという最新型発電所の様子はガラス張りエレベーターからも観察可。環境対策の最前線を物語る象徴的な施設になっている。
廃棄物を電力に変換する発電所。エレベーター内などから観察可。
自然植栽の人工丘陵。700本の低木と300本の木が植樹されている。
廃棄物を電力に変換する発電所。エレベーター内などから観察可。
自然植栽の人工丘陵。700本の低木と300本の木が植樹されている。

〈CopenHill〉

Vindmøllevej 6, 2300 Copenhagen TEL (45) 519 419 20。12時〜20時(水〜22時、土10時〜、日10時〜18時)。