隈研吾が設計した虫のための慰霊碑。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

隈研吾が設計した虫のための慰霊碑。

鎌倉の建長寺に昆虫好きの解剖学者、養老孟司が発案、隈研吾が設計した〈虫塚〉が完成。養老さんの別荘から運ばれたゾウムシのオブジェの周りを虫籠のような金網が覆う。金網には次第に苔が生えるようになっている。養老さんが標本にしてきた昆虫を供養し、訪れる人にも生命の大切さを意識してもらう慰霊碑だ。

6月4日の「虫の日」に完成記念法要が営まれた。金網が苔むしてくれば周囲の竹林とも一段と調和する眺めになるはず。

〈虫塚〉

金網が螺旋状にゾウムシのオブジェを囲む。養老さんは鎌倉の出身。建長寺の近くで虫取りに夢中になる少年時代を送った。〈虫塚〉は地球上の多様な生物や環境について考えるきっかけにもなる。

神奈川県鎌倉市山ノ内8
建長寺内 TEL 0467 22 0981。8時30分〜16時30分。拝観料300円。