Chill CARS|ワゴンと4WDを合体させた、クロスオーバーSUVの先駆車。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

Chill CARS|ワゴンと4WDを合体させた、クロスオーバーSUVの先駆車。

『カーサ ブルータス』2022年1月号より

かつてのSUVは快適さを二の次にした車種が多かったが、1980年代に入ると、乗用車的な雰囲気を得たSUVが続々と登場した。

トヨタ スプリンター・カリブ(AL25G)
〈トヨタ〉が、1982年に発売した、四輪駆動のステーションワゴン《スプリンター・カリブ》もその一つだ。車名は、北米のトナカイ、カリブーにちなみ命名された。当時は乗用車の四輪駆動車が少なかったため、現在では先駆的SUVと目される。

《カリブ》の四輪駆動機構は、日常生活や仕事・レジャーで雪道や悪路に遭遇したときの補助機能として搭載されていたが、そのことによる安心感は絶大だった。

このように《カリブ》は、単なるワゴンでなく、様々な用途に使える多目的車の性格を持っていた。それは外観にも表れており、積荷を見せるかのような、下部に拡大した荷室側窓、積載性を増す高めの屋根、悪路走破時に役立つ、たっぷりと確保された地上高は、《カリブ》の機能性の高さを表していた。オフセットされたリアのナンバープレートも、SUV的な印象を強くする。《カリブ》のデザインは、全体からアクティブなイメージを発散しており、実用本位になりがちなステーションワゴンに、ファッショナブルな魅力を与えていた。

SUVは、購入後にキャンプに行こう、などの新しい生活ビジョンを見せてくれる。登場から約40年が過ぎた《カリブ》のコンセプトは、変わらずに現代でも通用する。そう思わせてくれるクルマだ。
センターに並ぶ水準器などの各種メーターは、当時の四輪駆動ではよく見られた装備。
突き出た大型バンパーが、タフな用途にも使える多目的車のイメージを強調する。
縦長のテールライトは、《カリブ》以降に出現したステーションワゴンの定番デザインに。
肩部のサポートが省略された、独特な形状のシート。後席用のグリップも特徴的。

country: Japan
year: 1982-88
seats: 5
size: L4,310×W1,615×H1,500mm
price: approx 2,000,000 yen

special thanks to Marumi Auto TEL 049 274 3250
※データと価格は、撮影車両を参考に算出したものです。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!