Chill CARS|ミニマルプロダクトとして新鮮な、フランスの商用バン。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

Chill CARS|ミニマルプロダクトとして新鮮な、フランスの商用バン。

『カーサ ブルータス』2021年11月号より

発表から30年以上が過ぎた現在、利便性が高い実用車として商用バンをマイカーとして乗る人が増えている。《エクスプレス》はその選択肢に加えたいクルマだ。

ルノー《エクスプレス》
われわれの生活を支える物流。それを担う商用車に求められるのは、耐久性、経済性、積載力、省コスト。そのため、装備や外観の装飾も最小限である。しかしフランスでは、機能に徹すると無味乾燥になりがちなデザインにも、手を抜かない商用車が多い。そのひとつが、〈ルノー〉の商用バン《エクスプレス》。小型大衆車《サンク》の車体後部に、箱を載せた商用車だ。

箱型の荷室は、高い積載性を実現。窓・ドア・車内の棚などすべてのパーツは加飾を持たなかったが、入念なデザインが施されていた。例えば箱型の荷室部を見ても、角にシャープな面取りを行ったほか、運転席・助手席上部の屋根を高くしたことで、荷室部との段差を小さく見せていた。さらに、この高い屋根を生かして、頭上に収納棚を設置することもできる。このような機能性とデザインの両立によって《エクスプレス》は、優れたミニマルプロダクトに仕立て上げられている。

さらに《エクスプレス》は、フランス製商用車の常で、乗り心地も良好。そのため発売当時は、商用車というよりも、快適で実用的な乗用車としても選ばれていた。商用車由来の積載力は、日々の生活のみならず、アウトドアなどホビーの幅も広げてくれるだろう。
箱を背負うスタイルは、欧州の小型商用車では一般的だった。
少ないメーターに代わり、情報表示は数多くの警告灯が担う。空調スイッチ類も最小限。
シートは、望外の座り心地を提供する。ステアリング形状はシンプルの極み。
観音開きの荷室ドアや、スライド式の大きな後部窓、その上の細長い窓などは、日本車ではあまり見られない設計だ。

country: France
year: 1985-2000
seats: 5
size: L3,990×W1,575×H1,790mm
price: approx 1,000, 000 yen

special thanks to Hironori Mitsui
※データと価格は、撮影車両を参考に算出したものです。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!