NYにデイヴィッド・アジャイ設計の「スパイ博物館」! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

NYにデイヴィッド・アジャイ設計の「スパイ博物館」!

『カーサ ブルータス』2018年5月号より

スパイの世界に浸り、ジェームズ・ボンド気分を味わえるハイテクミュージアム〈スパイスケープ〉が登場した。

スパイ活動で使われる様々なマスクの数々。裏には実在のハッカーのサインが。
設計はデイヴィッド・アジャイ。取調室での尋問体験をしたり、英国のベテランスパイOBが開発したプロファイリングシステムで、スパイとしての適性をチェックしたりできる。本物のスパイ小道具も!
映画でよく見るレーザートンネルも体験できる。

〈SPYSCAPE〉

928 8th Ave., New York TEL 1 212 549 1941。10時〜20時。無休。入場料39ドル。所要時間の目安は1時間30分〜2時間。