別府、アートと温泉でくつろぐホテル〈ガレリア御堂原〉へ。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

別府、アートと温泉でくつろぐホテル〈ガレリア御堂原〉へ。

湯けむりの街、別府に新しくアート・ホテルがオープン! ロビーにもレストランにも客室にも、別府の歴史や文化からヒントを得たアートが顔を見せます。ラグジュアリーなホテルでクオリティの高いアートが楽しめます。

〈ガレリア御堂原〉のエントランスロビー。入ると大巻伸嗣の《Gravity and Grace -ゆだま-》(2020年)と窓の向こうの景色が出迎える。
毎分8万リットルの湯量を誇る別府は温泉大国日本の中でも有数の温泉地だ。街のあちこちに湯けむりが上がる。その別府湾を望む高台にオープンした〈ガレリア御堂原〉は最近増えてきたアートホテルの中でもアートと空間のマリアージュが抜群にいいホテル。アートを見るために泊まる価値のある場所だ。別府で1900年に創業した関屋リゾートが手がける宿になる。
大巻伸嗣の作品《Gravity and Grace -ゆだま-》(2020年)から天井に落ちる影。光は揺らめくように強弱が変わる。
エントランスを入ると大きな窓から別府の街と海が見えるロビーでは、天井に設置された大巻伸嗣の作品が目に飛び込む。透かし彫りで、さまざまな文明の紋様、文字などとともに別府を象徴するモチーフや歴史的建造物などが刻まれている。

「別府の土地を歩いて、湯の精神、エネルギーの塊のようなものを強く感じ、湯玉の形で表現しました。人々の営みを閉じ込めた『記憶の玉』のようなものでもあります」(大巻)
大巻伸嗣《Echoes Crystallization》(2020年)。天井の作品が太陽でこちらは月と見ることもできる。
壁には白い円形の作品が掛けられている。白地に、テクスチャーの違う白で別府に生えている絶滅危惧種、または絶滅してしまった植物を描いたものだ。

「なぜ絶滅してしまったかというと、人類の存在や行動が原因であることが多いんです」と大巻は言う。歴史にはそんな光と影、陰と陽の両方があるものだ。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます