カルチュアルに滞在するライフスタイルホテル〈アロフト〉が銀座に上陸。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

カルチュアルに滞在するライフスタイルホテル〈アロフト〉が銀座に上陸。

テクノロジー、音楽、そしてデザインに重きを置き、ユニークなテイストを表現する次世代のライフスタイルホテル〈アロフト東京銀座〉が、10月1日オープンした。

・1F〈W XYZ® BAR〉

宿泊客ではなくても利用OK。アップカミングなアーティストによるライブパフォーマンスを今後行っていく予定。
通りに面したこのエリアは2Fまで吹き抜けになっており、広い開口部から光が差し、日中も気持ちよく過ごせる。
バーの奥のスペースにはビリヤード台が置かれ、銀座の“クラブ”をイメージしたボックス席も設けられている。
今年8月には開業に先駆けて、ライブストリーミングイベントの会場となった。
スペース(宇宙)がインテリアのテーマになっている〈W XYZ® BAR〉には、各所に宇宙に関連したプロダクトが配されている。
ライブスペースに置かれた〈MOROSO〉のアームチェア。
〈マリオット・インターナショナル〉が手がけるブランドとして、世界で25を超える国と地域で、175軒以上展開している〈アロフト〉。ブランドの日本初上陸の地となったのは、東京・銀座。観光やショッピングのディスティネーションとなる数多くのスポットに囲まれており、好奇心に満ちたアクティブな滞在を求める旅行客が多く訪れる土地だ。

近年のライフスタイルホテルがただ休むだけの場所である以上の価値を表現するように、〈アロフト〉もまた他にはない滞在体験を用意している。キーワードとなるのは、「テクノロジー」「音楽」「デザイン/アート」。自身のスマートデバイスが客室のルームキーとして利用でき、チェックイン&アウトもアプリを通じてスムースに。旅行客がより身軽に過ごすことができるよう、デジタル技術を積極的に採用したかたちだ。

そうした快適さの追求に加えて、〈アロフト〉は、より好奇心を刺激するような滞在体験を提案している。そのフィロソフィーを象徴するエリアとして、1Fのロビーに隣接するバー「W XYZ® BAR」がある。インダストリアルを基調に、国やテイストに縛られないユニークな家具やプロダクトが並ぶこの空間は、滞在客が昼に夜に寛ぐことが出来るスペースであるとともに、今後は、アーティストによるライブパフォーマンスの実施も想定している。世界各地の〈アロフト〉はすでに、次世代を担うミュージシャンたちによる表現の場となっており、この〈アロフト東京銀座〉においても、カルチャーが育まれ、才能が誕生していく“ハブ”としての場を目指している。

・RF ルーフトップバー〈ROOF DOGS〉

屋上はバースペースになっており、シャンパン、スパークリングワイン、ビールといった屋外に合う爽やかなドリンクや、ホットドッグなどのフードを提供する。地上16階建てのホテル屋上からの銀座の景色は新鮮。
このルーフトップバーも宿泊客以外の利用OK。ふと立ち寄って銀座の景色を見晴らしながら、ホットドッグ片手に泡ものをいただく時間は贅沢だ。
ゆったりと寛げるソファスペースも。
この1Fの「W XYZ® BAR」に加えてルーフトップバー「ROOF DOGS」も、宿泊客以外でも利用OK。気軽に屋上に上がってアルコールを飲める場所として、銀座ではなかなか見つけることができないスポットだ。街の人々とも積極的な交流を臨む、国籍を問わないアクティブな利用客たちが集まる光景がイメージできる。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます