世界最速の美術館〈GENBI SHINKANSEN〉|市川紗椰の鉄道旅 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

世界最速の美術館〈GENBI SHINKANSEN〉|市川紗椰の鉄道旅

『カーサ ブルータス』2019年8月号より

2020年春、鉄道に関する初めての本を上梓した市川紗椰さん。Casa BRUTUS 2019年8月号では、鉄道マニアで知られる彼女に、乗るだけでアートやデザインを体感できる列車を体験してもらいました。2020年いっぱいで運行停止となる上越新幹線の「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」を、あらためて彼女の視点から体感してみましょう。

写真家・石川直樹の作品が並ぶ上越新幹線「現美新幹線」の14号車。K2の頂へ向かう途上で撮影された作品群を展示している。ドレス45,000円(ハイク/ボウルズ TEL 03 3719 1239)、ピアス35,000円、イヤーカフ19,000円、リング33,000円、2連でつけたリング各24,000円(以上アサミフジカワ/アサミフジカワ フラッグショップ TEL 03 6884 1372)。
走行する車内で重なり合うレイヤーがゆらゆらと揺れる15号車、荒神明香の作品。
写真家・蜷川実花による、闇夜にスパークする「長岡の花火」の写真に外装を覆われた上越新幹線「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」。

6両編成の各車両内に7組のアーティストによる作品が展示され、「世界最速の芸術鑑賞」と銘打たれた世界でも珍しい観光列車だ。JR路線の完乗を果たし、芸能界きっての鉄道好きとして知られるモデルの市川紗椰さんが捉えた「現美新幹線」の魅力は、鉄道ファンならではの視点が満載だ。

「鉄道を通じた町おこしや資源の再利用といった試みはどの地域でも行われていて、いかに個性を出すか、各社趣向を凝らしています。その中で、『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』が開催される新潟エリアという土地柄を生かし、アートに特化させた『現美新幹線』は、お見事です」
「旅するアートカフェ新幹線」として生まれ変わったE3系。
一見、普通の座席に見える11号車も松本尚によるアートワーク。
寛ぎながらアートが鑑賞できるよう、窓際にはゆったりとしたソファ席を設置。16号車。
さらに市川さんを感動させたのがこの車両の持つ背景だ。

「かつて秋田新幹線『こまち』で活躍したE3系を改造しているんです。北陸新幹線にも負けない! という気概で、まったく新しいコンセプトの観光列車としてグレードアップさせているところが素晴らしい。片側の窓を潰して壁一面で覆う大胆さにも驚きました」

車内に乗り込むと、さらに驚きの光景が広がる。15号車では、花びらをつなげたオブジェが時速240kmで走る車内でゆらゆらと揺れ、16号車では茅葺きの民家をモチーフにした透明の殻を背負ったヤドカリと、新潟の美しい里山の映像が流れる。車両ごとに違うアートが次々に現れ、乗客は車内を自由に行き来しながら作品を鑑賞できるのだ。
13号車のカフェスペースの壁には古武家賢太郎の作品が飾られている。
鏡面仕上げやヘアライン仕上げを施されたステンレスの鏡が車窓の景色を映し出す12号車。
「あっ、気づきました? 車内アナウンスの案内が、“ご乗車” ではなく “ご来場” なんて、シャレが効いています」と細かな演出にも心弾ませる市川さん。特にお気に入りは12号車で、片側の壁をステンレスの鏡で覆った小牟田悠介による車両は、「入った瞬間、感動です!」と目を輝かせた。

「車窓を流れる緑の山々や田園、街の風景が、くっきりと、あるいはぼんやりと鏡に映り込んで、移動する車内と外の世界がリンクする。時間帯や季節によっても車内に広がる風景は変化し続け、そのたびに発見があるはず。突然、異世界に召喚されたようなこの感覚は、クセになりそうです」
キッズスペースの壁にはパラモデルによるプラレール模様のアートを設置。
真っ赤な火花に覆われた外装がひときわ目を引く。
関連記事風景の中にやわらかく溶け込む特急車両〈ラビュー〉|市川紗椰の鉄道旅

新潟/越後湯沢〜新潟
『現美新幹線』GENBI SHINKANSEN

2016年4月運行開始、2020年12月運行終了予定。E3系を改造した6両編成。11号車は指定席、12〜16号車は自由席。11号車:松本尚、12号車:小牟田悠介、13号車:キッズスペースとカフェ、14号車:石川直樹、15号車:荒神明香、16号車:AKI INOMATAと、各車両に現代美術家の作品を展示している。

市川紗椰

いちかわさや 1987年生まれ。4歳から14歳までアメリカで育つ。16歳の時にモデルデビューし、数々のファッション誌で活動。鉄道、相撲、アニメなど多趣味なことで知られる。現在、モデルのほか『週刊プレイボーイ』での連載や、J-WAVE『TRUME TIME AND TIDE』、NHK-FM「×(かける)クラシック」への出演など多方面で活躍中。2020年3月、『鉄道について話した。』(集英社)を上梓。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます