神楽坂に〈AKOMEYA TOKYO〉の旗艦店が誕生。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

神楽坂に〈AKOMEYA TOKYO〉の旗艦店が誕生。

3月30日、「お福分けのこころ」をコンセプトに食品・雑貨を展開する〈AKOMEYA TOKYO〉の旗艦店がオープン。

ライフスタイルショップ〈AKOMEYA TOKYO〉の旗艦店となる、〈AKOMEYA TOKYO in la kagū〉がオープンする。〈AKOMEYA TOKYO in la kagū〉では、これまでの〈AKOMEYA TOKYO〉同様、“一杯の炊きたてのごはんから、つながり広がる幸せ” をテーマにお米や食品、“上質な佇まいを感じる暮らし” を提案する器や調理道具、ビューティケアなどの雑貨を展開していく。
ごはんのお供や調味料などの食品、こだわりの出汁をはじめ贈り物にもぴったりな商品を揃えるほか、お米の売り場では日本各地から厳選した約20種のお米を量り売りし、お好みの分づきに合わせた精米も行う。
旗艦店として、食を体験する飲食スペースも充実。これまで銀座本店のみで展開していた“おいしさで満たされる至福のとき”を提供する〈AKOMEYA厨房〉、〈AKOMEYA TOKYO〉初のカフェ業態〈AKOMEYA茶屋〉が登場するほか、寛永15年より380年以上続く熊本の老舗〈白玉屋新三郎〉が新規カフェ業態〈Shiratama Salon 新三郎〉をショップインショップとして出店する。