京のおやつと箸休め|〈Chocolaterie HISASHI〉のmonaショコラ。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

京のおやつと箸休め|〈Chocolaterie HISASHI〉のmonaショコラ。

ヴァレンタインが近づくとにわかに活気づくショコラトリー。チョコレート激戦地区の京都に昨年誕生した、日本を代表するショコラティエが作る人気商品をご紹介。

〈monaショコラ〉1個350円(税込み)。喫茶スペースでイートイン可能。箱入りは5個入り1890円から。販売数に限りがあるので遅めの来店の場合は取り置きをおすすめ。
チョコレートクリームを最中生地でサンドし、皮の上には封蝋に見立てたチョコレートにイニシャルのHの文字をスタンプ。見た目も味わいも和洋折衷な〈monaショコラ〉は、「京都土産になるようなオリジナリティのあるチョコレート菓子をつくりたい」という小野林 範シェフの思いが込められている。

濃厚な甘みと思いきや、皮はサクッとして、クリームは口どけ滑らか。その複雑にして軽やかなつくりにはさまざまな工夫があり、オープン後も改良を続け、今に至ったという。

クリームは、ビター系チョコレートクリームに味わい深いヘーゼルナッツのペーストを合わせ、ライフパフのプチプチとあたる粒感で食感と軽やかさを生んでいる。さらに、クリームの油分が最中生地にしみこまないように内側にチョココーティングしているので、それがアクセントにもなり、時間が経っても生地はサックリ。常温に置いてクリームが柔らかくなった頃がベストな食べ頃。

ありそうでないショコラの世界に出会える。
小野林シェフは〈ワールドペストリーチームチャンピオンシップ2012〉でチーム優勝、「ワールドチョコレートマスターズ2015」で準優勝したチョコレートのスペシャリスト。店では受賞作のボンボンショコラも販売している。
2018年4月に三条通沿いにオープン。ピンクの暖簾が目印。
小野林シェフは〈ワールドペストリーチームチャンピオンシップ2012〉でチーム優勝、「ワールドチョコレートマスターズ2015」で準優勝したチョコレートのスペシャリスト。店では受賞作のボンボンショコラも販売している。
2018年4月に三条通沿いにオープン。ピンクの暖簾が目印。

〈Chocolaterie HISASHI〉

京都市東山区夷町166-16 TEL 075 744 0310。11時~18時30分(喫茶18時ラストオーダー)。月曜と第1・第3火曜日。