小寺慶子のレストラン予報|五反田〈とり口〉 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

小寺慶子のレストラン予報|五反田〈とり口〉

『カーサ ブルータス』2018年6月号より

焼き鳥の激戦区で飛ぶ鳥を落とす勢いを見せるでしょう。

串物(写真の料理は5,800円のコースの一例)。右から手羽先、かしわ、つくね。鶏粥やポーチドエッグ"シャツを着た卵"など一品料理も。
鶏スープの味に心がなごむ柔麺。
串物(写真の料理は5,800円のコースの一例)。右から手羽先、かしわ、つくね。鶏粥やポーチドエッグ
鶏スープの味に心がなごむ柔麺。
今ではすっかり世界公用語となった"YAKITORI"。海外でもその人気ぶりは凄まじく、NYやパリでも続々と専門店がオープンし、話題を集めている。ブロシェットやサテのような鶏肉を使った串料理は数あるが、鮮度、串打ち、火入れにこだわり、正肉から内臓肉まで幅広い部位を提供するのは日本の焼き鳥ならでは。その「和の仕事」が息づいた焼き鳥を堪能できるのが五反田の〈とり口〉だ。

店主の西口和樹さんは、日本に焼き鳥文化を広めてきた〈鳥よし〉出身。鶏肉の個性を最大限に生かすべく繊維に沿って肉をカットし、細かな筋を取るなど下処理にかける時間も手間も惜しまない。

5,800円のコースは小鉢やポーチドエッグのからすみのせなど10品の料理と10の部位を使った串料理が登場。塩の塩梅やタレの甘みも絶妙で、肉を頬張れば、食感や旨みがダイレクトに伝わる。利き酒師とソムリエ免許を持つスタッフが常駐しているため、純米酒やワインも盤石のラインナップ。日本が世界に誇る焼き鳥文化が、ここでまたひとつ花開く。
五反田の喧騒を離れた裏通りに3月26日にオープン。純米酒やオリジナルカクテルのほか、ソムリエが厳選したワインも豊富に揃えている。コースの最後に登場する旬の果物を使ったかき氷も必食。
[予算]1人6,000円〜
料理と串物を織りまぜた5,800円のコースのみ。ボトルワインは4,500円〜、日本酒はグラスで700円〜。

[予約] 事前に予約を
開店直後に満席になることも多いので、事前に電話を。個室(4名用)利用の場合は要予約。

[ドレスコード] カジュアルでOK
少人数の接待や気の置けない仲間との食事会にもぴったり。肩肘張らないカジュアルな装いで。

とり口

東京都品川区西五反田2-28-10 TEL 03 6421 7254。17時〜24時。日曜・祝日休。

小寺慶子

こでらけいこ ファッション誌、レストラン誌などの編集を経て、フリーのライターに。好きな食べ物は1にも2にも肉料理。塊肉を見ると反射的にアドレナリンが放出!