小寺慶子のレストラン予報|神楽坂〈レストラン アロム〉 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

小寺慶子のレストラン予報|神楽坂〈レストラン アロム〉

『カーサ ブルータス』2018年5月号より

料理、ワイン、サービスの融和に店の格を感じるでしょう。

フランス産シャラン鴨の胸肉ローストとモリーユ茸のファルシ ジュとゆずの香り(料理はすべて6,800円のディナーコースの一例)。
ラングスティーヌのポッシェ 菜の花とドゥーブル コンソメスープ仕立て(料理はすべて6,800円のディナーコースの一例)。
スズキのポワレ(料理はすべて6,800円のディナーコースの一例)。
農園野菜のテリーヌ(料理はすべて6,800円のディナーコースの一例)。
料理同様、レストランのサービスは店の格を決定づける要素のひとつだ。シェフとゲストのパイプ役に徹する縁の下の力持ち。レストランの運命はサービスマンに委ねられているといっても過言ではない。

新店ラッシュが続く神楽坂に、3月にオープンした〈レストランアロム〉は、敏腕サービスマンとして知られる岡部一己さん率いる気さくなフレンチレストランだ。〈ペリニィヨン〉や〈ル・ブルギニオン〉など名だたる店の支配人を経験し、誠実な人柄と圧倒的な観察力でシェフの信頼を集め、ゲストからも「繁盛店にこの人あり」と言われた岡部さん。そんな彼が「仕事が丁寧で勢いがある」と太鼓判を押す永瀬友晴シェフの料理はクラシカルだが、繊細で軽やか。数々の調理法を盛り込んだ季節の野菜のテリーヌや鴨胸肉のローストなど、実直な仕事がうかがえる料理に好感が持てる。料理に合わせるワインはガラス張りのウォークイン・カーブから自由にセレクト。約400種のワインを揃えており、岡部さんやソムリエの糸澤晃さんと会話をしながら選ぶことができるのも楽しい。美味美酒を、洗練のサービスがより引き立てる。
ランチ、ディナー、ワインバーと様々なシーンに対応。セラーのワインは販売価格+10%(10,000円以下は+1,000円)で店内にて提供。
ランチ、ディナー、ワインバーと様々なシーンに対応。セラーのワインは販売価格+10%(10,000円以下は+1,000円)で店内にて提供。
[予算]1人8,000円〜
20時以降はアラカルトでオーダーできるので「グラスワインにメインひと皿」も可能。

[予約]ランチ、ディナーともに予約を
コースの場合は事前に予約を。遅めの時間帯であれば当日の電話で入店できる場合も。

[ドレスコード]スマートカジュアルでOK
正統派の料理を供するレストランでありながら日常の延長線上にある気楽さも魅力。

レストラン アロム

東京都新宿区袋町3番地神楽坂センタービル1F TEL 03 6228 1449。11時30分〜13時LO、17時30分〜20時(アラカルト20時〜22時LO)、22時〜翌2時。無休。

小寺慶子

こでらけいこ ファッション誌、レストラン誌などの編集を経て、フリーのライターに。好きな食べ物は1にも2にも肉料理。塊肉を見ると反射的にアドレナリンが放出!

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます