ミシュラン1ツ星のタイ料理店がNYから上陸|寺尾妙子のNEWSなレストラン | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ミシュラン1ツ星のタイ料理店がNYから上陸|寺尾妙子のNEWSなレストラン

タイ発、NY店でミシュラン1ツ星を獲ったタイ料理〈ソムタムダー〉はソムタム以外の一品料理も盛りだくさん!

スパイシーな味付けのソムタム、タムタイに塩漬けのアヒルの卵を添えた〈タムタイ カイケム〉1,180円。卵を崩しながら、塩味を調整して食べる。
海外発のタイ料理店が東京にやってきた。1号店はバンコク。NYに出した2号店が2016年にミシュラン1ツ星を獲得した〈ソムタムダー〉だ。ディープなエスニックというより、カジュアルでモダンな雰囲気。店名は、タイ東北部、イサーン地方の代表的な郷土料理である青パパイヤのサラダ、ソムタムから付けられだ。ちなみに「ダー」はイサーン地方の方言で「おいしいね」「楽しいね」などの「ね」にあたる語尾。これまでひとくくりに「タイ料理」と言われがちだった東京に、イサーンという地方色を強く打ち出す店ができたのだ。

そんなソムタム。イサーン地方には何十種類もバリエーションがあるという。その中からイサーン出身、〈ソムタムダー〉グループのエグゼクティブシェフ、ゴーンタナット・トーンナムが日本用に選んだのは厳選の8種類。揚げたナマズ入りにソーセージ入り、焼き魚入り、豚トロのグリル入り……。そのアレンジも新鮮だが、タイ料理ならではの辛・酸・塩・甘が入り混じったテイストのなかで青パパイヤのみずみずしい食感が心地いい。
〈サポークガイ トートダー〉1,080円。ナンプラーや唐辛子、ライムが入ったチムジェオというイサーン地方のタレをつけてもいい。
イサーン料理の特徴はプリッキーヌというタイの激辛唐辛子を使った辛味と、レモングラスやバイマックルー(コブミカンの葉)などのハーブをミックスした独特の味付け。魚の発酵調味料もよく添えられる。

NY店でも人気のシグネチャーディッシュ〈サポークガイ トートダー〉もピリ辛だ。レッドカレーで下味をつけたフライドチキンだが、衣はサクサク、中はしっとり。上にかけたフライドガーリックが香ばしい。
〈ゲーン オムガイ〉1,280円。じわ〜っと鶏の旨みが染み出たスープ。メニューに表記された辛さ度は唐辛子3つという最高ランク。温まる!
具だくさんのスープもこの店らしいメニューだ。鶏肉を使った〈ゲーン オムガイ〉はナス、キャベツと野菜もたっぷり。唐辛子とともにレモングラスやバイマックルーなどのハーブと煮込んだスープはかなり辛め、エスニック好きに愛される1品。
〈ムーピン ガティソット〉1,250円。付け合わせはフライドガーリック、ピッキヌーをトッピングしたビーフン。ソースはナンプラーベースのチムジェオ。
タイの屋台定番の味、豚の串焼き、ムーピンもここではひとひねり。ココナッツミルクでマリネし、甘辛ソースを絡めて焼き上げ、通常はもち米が添えられるところをビーフンに替えた〈ムーピン ガディソット〉は、盛り付けもセンスがいい。