京のおやつと箸休め|にしんいなり。

京都の人気観光スポット、銀閣寺近くにひっそり佇むいなり寿司の専門店。観光客もだが実は地元需要が多いという個性派いなりをご紹介。

にしんいなり(左手前)/炙りにしん(左奥)/黒糖にしん(右手前)/柚子にしん(右奥)

ちょっと小腹がすいたときにおやつ感覚で軽くつまめるいなり寿司。持ち帰りの寿司が充実する京都ではさほど珍しいものではないが、にしん入りはこの店くらいだろう。

にしんと言えば「にしんそば」が一般的だが、酢飯の中にじっくり甘辛く煮込んだにしんのほぐした身を混ぜ合わせ、実山椒やゴマもたっぷり。種類は油揚げの味に変化をつけた4種類。定番の《にしんいなり》と《炙りにしん》は寿司飯の味付けを濃いめに、《柚子にしん》と《黒糖にしん》は柚子の香りや黒糖の風味を邪魔しないよう味を控えめに仕上げている。

店先でつまんだり、取り寄せもできるが、『都をどり』や『顔見世』の楽屋見舞い、茶会の水屋見舞いに買い求める地元の人が多いとのこと。粋人、数寄者の好みに沿う箱入りもあって、味にも包みにもこまやかな心遣いがある。

肉厚の油揚げににしん入り寿司飯を詰めた《にしんいなり》。贈答用は1箱8個入り1,500円。にしんいなり1個150円、他160円(以上税込)。

銀閣寺 狐月

ぎんかくじ こげつ 店は銀閣寺に向かう今出川通沿い。《にしんいなり》のほかに脂ののる鯖で作る《鯖寿司》も扱う。公式サイト

京都市左京区浄土寺東田町60
TEL 075 201 9663。11時〜18時。不定休。

にしむらしょうこ

関西在住ライター。京都の老舗から新店の美味、食を取り巻く文化などを独自の目線で精力的に取材。