京のおやつと箸休め|うらら。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

京のおやつと箸休め|うらら。

創業180余年という老舗の菓子司が桜の時季だけ販売している菓子。ほのぼのとした色と形で春の息吹を伝える。

愛らしくて上品な色が施された、これぞ京菓子と思わせる一品。
御池通と寺町通が交差する南西の角に店を構える天保3(1832)年創業の菓子司。目の届く範囲で丁寧な商いを続けるために今もホームページは開設しておらず、ご主人自らが菓子や花を飾りつけるショウウィンドーがお店の顔になっている。扱う菓子の中には数週間で終わってしまうものもあり、この《うらら》もそのひとつ。販売時期は、はっきり決まっていないが、毎年、桜の便りが聞かれるようになると店頭に並び、桜から新緑に変わる頃、終了となる。

餡玉に砂糖衣をかけた「松露」という昔ながらの菓子で、まわりを少しくぼませて緑をあしらったデザインといい、菓銘といい、なんとも風雅。二色を組み合わせ、蝶の干菓子を添えるだけで、都の春の景色となる。この《うらら》が終わってしばらくすると今度は《かきつばた》という菓子がお目見え。自然のうつろいとともに菓子も少しずつ初夏へと向かう。
蝶の干菓子を添えた箱詰めの姿も美しく、贈答にもなる。秋に《菊の香》、年始に《寒椿》を販売。10個入り1,750円(税込)。

亀屋良永

かめやよしなが 代表銘菓の《御池煎餅》や棹ものの羊羹、生菓子も扱う。《うらら》は本店だけで販売。

京都市中京区寺町通御池西南角
TEL 075 231 7850。8時〜18時。日曜、第1・第3水曜休。