nendoデザインの「化学反応」を楽しむチョコレート。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

nendoデザインの「化学反応」を楽しむチョコレート。

バレンタインまでもう間もなく。今年もnendoの佐藤オオキがデザインを手がけるブランド〈by|n(バイエヌ)〉から、2つの異なるコンセプトのチョコレートが発売された。おいしいだけじゃない、おどろきが詰まったバレンタインスイーツだ。

今年はサイエンティスト気分を味わえる《chocolamixture(ショコラミクスチャー)》が登場。小型の試験管に入っているのは、チョコレートパフ、シュガー、キャンディ、マンゴー顆粒、ラズベリー顆粒といったそれぞれ味もテクスチャも違う5つのフレーバーだ。それらを、高さ4cmの小さなフラスコ型チョコレートに入れ、コルク栓のようなホワイトチョコレートでふたをしたら完成。どんな味になるかを想像しながら、自分だけの化学反応が楽しめる。
《by|n chocolamixture》5,000円。2月1日から数量限定販売中。取り扱い店/西武池袋本店、西武渋谷店、そごう横浜店 各バレンタイン特設会場。
昨年、人気を博した《chocolatexture(ショコラテクスチャー)》も発売中。同じ原材料でありながら、キューブの形を変え、それぞれ異なる食感を生み出すことで味の変化が楽しめるユニークなチョコレートだ。カドのない滑らかな「sube-sube」、14個のキューブが角で繋がっている「goro-goro」、表現がヤスリのようにざらついた「zara-zara」の3種類がセットになっている。
《by|n chocolatexture》3個セット1,800円。2月6日販売開始。取り扱い店/西武池袋本店、西武渋谷店、そごう横浜店 各バレンタイン特設会場。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます