〈デュカス・パリ〉とタッグを組んだ新店が、パレスホテル東京にオープン。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈デュカス・パリ〉とタッグを組んだ新店が、パレスホテル東京にオープン。

フランス料理界を率いるカリスマシェフ、アラン・デュカスの本拠地、〈デュカス・パリ〉とタッグを組んだフランス料理店〈エステール〉が、パレスホテル東京内にオープンしました。

フランス料理〈エステール〉の内観。広々とした窓から皇居外苑の緑が一望できる。
2019年11月1日、パレスホテル東京内にアラン・デュカス設立の〈デュカス・パリ〉をパートナーに迎えたフランス料理店〈エステール〉がオープンした。“大地と海の出会いの物語を紡ぐ場所”をコンセプトに、素材そのものの味を引き出した、ヘルシーで地球に優しい料理が楽しめる。日本の気候や土壌が作る個性に着目し、日本の旬の素材とフランス料理の技法のコラボレーションに成功した。
日本の素材そのものが持つ本来の味を活かした一品。
旬の大地と海の産物を中心に、穀物や野菜、フルーツを日本各地から取り寄せた。
店舗デザインを手がけたのは、緒方慎一郎率いる〈SIMPLICITY〉だ。「現代における日本の文化創造」というコンセプトのもと、天然の植物でできた和紙をメインの素材に使用。自然に見立てた美を表現した。内装は窓から望む豊かな自然の景色と調和し、ラグジュアリーながら安らげる空間を創出している。
”命が生まれて還って行く土、終わることのない命のバトン”をアースカラーの色彩で表現。
料理や会話に集中できるよう、極力シンプルなデザインで統一した。
個室から望む自然の景色は内装デザインと調和している。
ランチコースは7,000円〜、ディナーコースは16,000円〜。ランチは5コース、ディナーは3コースから選ぶことができる。最高峰のフランス料理と和素材で織りなす〈パレスホテル東京〉と〈デュカス・パリ〉の新たな試みに注目だ。
天然の素材から作り出された和紙を存分に使用。
訪れる人を自然あふれる空間へと引き込む、ウッド調の入り口。

〈フランス料理「エステール」〉

東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスホテル東京6階 TEL 03 3211 5317(10時〜21時)。ランチ11時30分〜14時、ディナー18時〜21時30分。無休。

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!