老舗ホテルのメインダイニングに〈ドミニク・ブシェ〉が登場。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

老舗ホテルのメインダイニングに〈ドミニク・ブシェ〉が登場。

『カーサ ブルータス』2020年2月号より

創業130周年の〈ウェスティン都ホテル京都〉のメインダイニングに〈Dominique Bouchet Kyoto〉が登場し、流れる時間もエレガントな空間に。

フランス産牛フィレ肉のロティはディナー「エリタージュ」23,000円。
同じく「エリタージュ」にて提供する、スパイスを纏わせたアンコウ。
フランス産牛フィレ肉のロティはディナー「エリタージュ」23,000円。
同じく「エリタージュ」にて提供する、スパイスを纏わせたアンコウ。
〈ウェスティン都ホテル京都〉は創業130周年の昨年、さらなるラグジュアリーホテルへと歩みを進めた。〈Dominique Bouchet Kyoto〉はそのメインダイニングとして登場。伝統を継承しながら新たな未来を作るドミニク・ブシェの姿勢に、同じ価値観を感じ招聘したという。

山々の眺めも贅沢な〈Le RESTAURANT〉。希少な仏産食材を織り交ぜた料理は、盛り付けの繊細さにも感嘆するに違いない。フレンチの技を合わせた鉄板焼〈Le Teppanyaki〉も楽しめる。
〈Le RESTAURANT〉の空間。
〈Le RESTAURANT〉の空間。

〈Dominique Bouchet Kyoto〉内〈Le RESTAURANT〉

京都府京都市東山区粟田口華頂町1 TEL 075 771 7111。17時〜21時LO。