小寺慶子のレストラン予報|外苑前〈ジュリア〉 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

小寺慶子のレストラン予報|外苑前〈ジュリア〉

『カーサ ブルータス』2019年9月号より

自由闊達なアメリカン料理が革命を起こすでしょう。

アンコウのロースト マンゴーサルサとクラムチャウダーのピュレ、フォアグラボール。
BBQポークスライダー(料理は19,000円のコースの一例より)。レッドアイとともに。
アンコウのロースト マンゴーサルサとクラムチャウダーのピュレ、フォアグラボール。
BBQポークスライダー(料理は19,000円のコースの一例より)。レッドアイとともに。
1980年代に台頭した"アメリカン・キュイジーヌ"。他ジャンルとの融合や地産地消の思想のもとに発展した料理が、日本でさらなる進化を遂げている。

それを体感できるのが外苑前の路地に店を構える〈JULIA〉。オーナーでソムリエの本橋健一郎さんと女性シェフnaoさんの息が合ったコースのベースはアメリカで親しまれる料理だが、それはあくまでひとつの起点であり、そこに和やフレンチの要素が加わることもある。

アンコウのローストに合わせたクラムチャウダーはマンゴーサルサソースでピリ辛に。BBQポークスライダーにはスパイスで煮込んだプルドポークやリンゴを挟み、サワークリームで酸味をきかせるなど日本人にも親しみ深いアメリカン料理が現代的にアレンジされているのが新鮮。ロワールの自然派ビールにトマトとセロリのエキスを合わせてアメリカでおなじみのレッドアイに仕上げるなどペアリングメニューにも遊び心が光る。新世代のモダン・アメリカンの世界に魅せられずにはいられない。
オープンは6月29日。オーナーと旧知の仲で若手料理人のなかでも多方面で活躍する田村浩二シェフがエグゼクティブアドバイザーを務めることでも話題に。
[予算]1人約2万円
コースはドリンクとのペアリング込みで19,000円。アルコールかノンアルコールか選択可。

[予約]要予約
店内はカウンター10席のみ。現在は2週間以上前の予約が安心。1か月先まで予約を受け付けている。


[ドレスコード] スマートカジュアル
かしこまったドレスコードはないが、お洒落な人が集う場所柄、スマートな装いで。

小寺慶子

こでらけいこ ファッション誌、レストラン誌などの編集を経て、フリーのライターに。好きな食べ物は1にも2にも肉料理。塊肉を見ると反射的にアドレナリンが放出!