今、パリならではの”モチ”が人気です。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

今、パリならではの”モチ”が人気です。

『カーサ ブルータス』2019年9月号より

アーモンド、レモン、ピスタチオ……。ケーキのクリームバリエーションかと思いきや、これらは今春パリにオープンした〈メゾン・デュ・モシ〉が作る大福の餡の風味だ。

マガリー・ヴァルクールによる軽やかでキュートな内装。
日本滞在で和菓子に魅せられたフランス女性が地方都市トゥールで作り始めた求肥大福がネットで人気を博してのパリ進出。
Mochiは、フランス語では"モシ"と発音される。
モチの風味はアーモンド、レモン、抹茶、ヘーゼルナッツなど定番5種ほか、日替わりのフレーバーも。すべてテイクアウト可。3.5ユーロ(イートイン4ユーロ)。
Mochiは、フランス語では
モチの風味はアーモンド、レモン、抹茶、ヘーゼルナッツなど定番5種ほか、日替わりのフレーバーも。すべてテイクアウト可。3.5ユーロ(イートイン4ユーロ)。
軽やかな和デザインの空間でカプチーノやハーブティとともにパリのエスプリモチを賞味したい。
マガリー・ヴァルクールによる軽やかでキュートな内装。

〈La Maison du Mochi〉

39, rue du Cherche-Midi 75006 Paris。10時30分〜19時30分。月曜・日曜休。