〈オーデマ ピゲ〉の新作を体感!? プロジェクションマッピングが銀座に出現。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈オーデマ ピゲ〉の新作を体感!? プロジェクションマッピングが銀座に出現。

26年ぶりに〈オーデマ ピゲ〉が新コレクション「CODE 11.59 by AUDEMARS PIGUET」を発表。その世界観を、いち早く味わえる体感型スペース「THE ROOM」が、東京・銀座に期間限定でオープンした。

完全予約制のため、少人数でゆっくり新コレクションの世界観に入り込める。
映像に包まれているような、これまでに味わったことがないような感覚に。
約5分間の映像体験の後に、希望すれば別室にて新作ウォッチを見ることができる。
完全予約制のため、少人数でゆっくり新コレクションの世界観に入り込める。
映像に包まれているような、これまでに味わったことがないような感覚に。
約5分間の映像体験の後に、希望すれば別室にて新作ウォッチを見ることができる。
1875年創業から、140年以上にわたり伝統と革新を重んじてきたスイスの時計ブランド〈オーデマ ピゲ〉。そのアイデンティティを象徴するような、なんとも斬新なプレゼンテーションが、東京・銀座の特設会場「THE ROOM」で開催されている。会場内は、日本で制作した最新のプロジェクションマッピングを駆使し、新コレクションのイメージビジュアルやクラフトマンシップが壁全面に映し出された、まさに異空間。ほかでは味わえないデジタルアート体験の後に、実際の新作ウォッチ13モデルに触れながら、余すことなく熟練工の技やディテールを堪能できるこれまでにない試みだ。まだ、公式ホームページやニュースサイトでも公表されていない、新コレクション「CODE 11.59 by AUDEMARS PIGUET」の冠にもなった“CODE 11.59”が意味するものとは……。そこに隠されたメッセージが、この会場で解き明かされる。予約は、下記の『公式サイト』から。
自動巻のクロノグラフ。ディープブルーのラッカーダイヤルは完璧なミラー仕上げ。
〈オーデマ ピゲ 銀座店〉のあるビルのB1Fが会場。
自動巻のクロノグラフ。ディープブルーのラッカーダイヤルは完璧なミラー仕上げ。
〈オーデマ ピゲ 銀座店〉のあるビルのB1Fが会場。

『THE ROOM』

東京都中央区銀座6丁目。〜5月24日。12時〜。30分おきに開催。