ロンドンでアズディン・アライアを追悼。訪れるべきはこの2つです。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ロンドンでアズディン・アライアを追悼。訪れるべきはこの2つです。

『カーサ ブルータス』2018年7月号より

昨年急逝したアライアが生前企画したロンドンの旗艦店と展覧会。その2つを訪問し、稀なる才能を追悼したい。

アライア自ら企画を練った集大成の展示。ニューソンのスクリーンをバックにした溜息がもれるメイン展示。
前夜までいつものように働いていたアズディン・アライアが自宅兼アトリエで倒れ、帰らぬ人となったのは昨年11月のこと。そんな彼が生前に準備を進めていた旗艦店と展覧会が、ともにロンドンでオープンになった。

デザイナーではない、私はクチュリエである。

デザインミュージアムで開催中の展覧会のタイトルは「ザ・クチュリエ」。「自分はデザイナーではなくクチュリエだ」という彼の口癖をタイトルにしたものだ。

実際、彼は裁断からフィッティングまで、すべて自分の目と手で仕上げることを貫いてきた。その方針は展覧会でも変わりはない。展示は11のカテゴリーにくくられ、背景となる5枚のスクリーンは、アライアと交友があったマーク・ニューソンやコンスタンティン・グルチッチ、公私のパートナーだった画家のクリストフ・フォン・ウェイエらが手がけている。
グルチッチのスクリーンとレザーを使ったドレス。ハトメもアライアが頻繁に使うモチーフ。
展覧会の入口。
長年のパートナー、フォン・ウェイエの絵を配したパネルの前にはエレガントなベルベットのロングドレスが。
ルースのパネルとスペインにインスパイアされたという服。
グルチッチのスクリーンとレザーを使ったドレス。ハトメもアライアが頻繁に使うモチーフ。
展覧会の入口。
長年のパートナー、フォン・ウェイエの絵を配したパネルの前にはエレガントなベルベットのロングドレスが。
 ルースのパネルとスペインにインスパイアされたという服。
服もすべてアライアが選び、展覧会用の透明なマネキンに合わせて新たに製作されたものだ。「女性を美しく見せること」をひたすら追求し、精巧なカッティングや繊細なディテールで構築された服はまるで“着る彫刻”。西洋的な服作りを踏襲しながら、故郷のアフリカを想起させるディテール、斬新で前衛的な素材やフォルムなど、全く枠にとらわれない創作であることがわかる。80年代にグレース・ジョーンズが着たアイコン的な服なども、今もって大胆かつ斬新だ。アライアの“ボディコン”とは、コルセットなどで身体を締め上げるのではなく、伸縮性のある布などでありのままの身体の美しさを強調し、女性を解放するものだったことが見えてくる。

『Azzedine Alaïa:The Couturier』

オランダのフローニンゲン美術館のマーク・ウィルソンとアライアによる共同企画で、回顧展よりアートインスタレーションを意図した展覧会。クリエイターがデザインした5枚のスクリーンをポイントに11のカテゴリーに分けて展示。〈The Design Museum〉224-238 Kensington High St., London TEL (44)20・3862・5900。10時〜18時(金〜20時)。10月7日まで。入場料16ポンド。