ティファニー×ドーバー ストリート マーケット、伝説のディスプレイデザイナーへのオマージュ。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ティファニー×ドーバー ストリート マーケット、伝説のディスプレイデザイナーへのオマージュ。

ティファニーとドーバー ストリート マーケットのスペシャル・コラボレーション「Our of Retirement™ – 伝説からの誕生」が開催中だ。

ニンフェンブルクのサイとともにディスプレイされているのは1973年版のブルー ブックからインスパイアされた〈ダイヤモンド ブレスレット〉(手前)と〈ブロック リング〉(球体の上)。
ドーバー ストリート マーケット ギンザ店の1階に登場したのは、伝説のディスプレイデザイナー、ジーン・ムーアにインスパイアされたディスプレイ。パーティ文化華やかなりし70年代ニューヨークにおいて、アンディ・ウォーホルやロバート・ラウシェンバーグらとコラボレーションしたムーアによるティファニーのディスプレイは、街の名物の一つでもあった。
ジーン・ムーアが1966年に手がけたディスプレイ。
DSM銀座店のディスプレイでは、ムーアが70年代によく用いたドイツの陶磁器ブランド〈ニンフェンブルグ〉のリアルな動物たちのオブジェを起用。二頭のサイが角で挟んだ球体の上にリングが載るなど、シュールでユーモラスな世界が作り出された。展示されているアイテムは、同じく70年代のティファニー ブルーブックに掲載されたジュエリーからインスアパイアされたリングやブレスレットなど8点と、過去のアーカイブにヒントを得たギフトアイテム10点。シルバーのパーティ ハットやパーティ ホーンなど、この季節にふさわしい遊び心溢れたアイテムが揃う。
氷山と熊のディスプレイには、〈パーティー ハット〉や〈パーティー ホーン〉、〈フィッシュフラスク〉など、この時期ならではのパーティーグッズが並ぶ。