180年間、世界を魅了するティファニー ブルーの秘密。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

180年間、世界を魅了するティファニー ブルーの秘密。

『カーサ ブルータス』2019年11月号より

世界で最もアイコニックなブランドカラー、それがティファニー ブルー。洗練とラグジュアリーが一目で伝わる、青い色の魅力をひもときます。

グローブ・トロッター ロンドンスクエアバッグ 7インチ178,000円、グローブ・トロッター トロリー 18インチ260,000円、グローブ・トロッター トロリー 26インチ365,000円、グローブ・トロッター トロリー 30インチ375,000円、グローブ・トロッター 13インチ バニティーケース172,000円、ドッグカラー スモール(19〜25.5㎝)31,000円、ドッグリーシュ42,500円、ボーンチャイナ エブリデイオブジェクトペーパーカップ2個セット14,500円、スターリングシルバー クレイジーストロー36,500円。
ティファニー ブルーの華麗な世界。

五番街のティファニー本店を訪れると、4階に広がるのが〈ブルーボックスカフェ〉。壁や天井、ソファも椅子も、目にも鮮やかなティファニー ブルーに彩られている。茶器や皿、メニューなどの小物はティファニー ブルーと白。そう、ティファニーの箱と純白リボンの2色そのものだ。ティファニーのアイコニックな色に包まれて、上質なランチや朝食、アフタヌーンティーを味わえるこのカフェは、地元民や旅行者を問わず誰もが憧れるデスティネーション。そしてこの青こそ、見た瞬間に誰もがティファニーを想起するシグニチャーカラーなのである。
ボーンチャイナ エブリデイオブジェクトペーパーカップ2個セット14,500円、スターリングシルバー ゴールド バーメイル クレイジーストロー49,500円、ボーンチャイナ ティファニーボックス(約9×約8㎝)22,000円、ボーンチャイナ カラーブロック ディナープレート10,000円、ボーンチャイナ カラーブロック ティーカップ/ソーサー10,500円、インターオフィス エンベロップ79,000円、カラーブロック ピギーバンク16,500円、ティファニー×シュタイフ リターン トゥ ティファニー ラブテディベア53,000円、レザー アンド ウォルナッツ テーブルテニスパドル 2個、ボールセット93,000円、ボーンチャイナ カラーブロック マグ8,0
00円、ボーンチャイナ カラーブロック ティーポット28,000円。
ボーンチャイナ カラーブロック デザートプレート7,500円、ボーンチャイナ カラーブロック ディナープレート10,000円、ボーンチャイナ カラーブロック ティーカップ/ソーサー10,500円、ペーパークリップ トランプ(オンライン限定)10,500円、ティファニー Tワイヤーブレスレット[ターコイズ、18KWG]250,000円、ティファニー イースト ウェスト ミニ ウォッチ(37×22㎜)435,000円。
ボーンチャイナ エブリデイオブジェクトペーパーカップ2個セット14,500円、スターリングシルバー ゴールド バーメイル クレイジーストロー49,500円、ボーンチャイナ ティファニーボックス(約9×約8㎝)22,000円、ボーンチャイナ カラーブロック ディナープレート10,000円、ボーンチャイナ カラーブロック ティーカップ/ソーサー10,500円、インターオフィス エンベロップ79,000円、カラーブロック ピギーバンク16,500円、ティファニー×シュタイフ リターン トゥ ティファニー ラブテディベア53,000円、レザー アンド ウォルナッツ テーブルテニスパドル 2個、ボールセット93,000円、ボーンチャイナ カラーブロック マグ8,0 00円、ボーンチャイナ カラーブロック ティーポット28,000円。
ボーンチャイナ カラーブロック デザートプレート7,500円、ボーンチャイナ カラーブロック ディナープレート10,000円、ボーンチャイナ カラーブロック ティーカップ/ソーサー10,500円、ペーパークリップ トランプ(オンライン限定)10,500円、ティファニー Tワイヤーブレスレット[ターコイズ、18KWG]250,000円、ティファニー イースト ウェスト ミニ ウォッチ(37×22㎜)435,000円。
ティファニー ブルーの起源は、1845年にさかのぼる。その8年前にNYマンハッタン南の現市庁舎そばで創業された〈ティファニー&ヤング〉が、初のカタログを出版した年だ。職人によるハイジュエリーを紹介するこの《ブルーブック》は、アメリカ初のメールオーダーカタログとして、以来毎年発行されることとなる。その表紙のためにと創業者チャールズ・ルイス・ティファニーが選んだのが「ロビンズ・エッグ・ブルー」、コマドリの卵の青色だ。