1990年代のスニーカーのソールをリビルド!? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

1990年代のスニーカーのソールをリビルド!?

『カーサ ブルータス』2019年5月号より

女性2人組によるオランダ発のプロジェクトが、ヴィンテージスニーカーに新たな命を吹き込む。

《エア フォース 1》にはコルクソールを。購入するとメンズシャツをリサイクルしたネル袋が付いてくる。
ウィンテージスニーカーをいつまでも長く履いていたい。ところが特にソールは経年変化による加水分解も起こりやすく、革靴などに比べると寿命は長くない。その理想と現実のギャップをデザインの力で埋めてくれたのがオランダを拠点にしたシューズブランド〈ピーターソン ストゥープ〉だ。
リサイクルレザーを使用した〈アディダス オリジナルス〉の《スタンスミス》。
2013年、ジェルスク・ピーターソンとジャラ・ストゥープという女性2人が、靴修理や革鞣し工場で培った経験を基に、使い古した靴に新たな命を吹き込むプロジェクトをスタートさせた。ブランドのアイコンは〈ナイキ〉の《エア フォース 1》や〈アディダス オリジナルス〉の《スタンスミス》など、90年代のヴィンテージスニーカーのアッパーに、寿命の長いコルクやスポンジソールを合わせたアレンジシューズ。
〈ナイキ〉の《エア フォース 1》のローカット。
この試みにいち早く目をつけたセレクトショップ〈カセドラル〉が、5月に梅田・南船場・銀座の3店舗で取り扱いをスタートする。

〈PETERSON STOOP〉

オランダのArtEZ芸術大学の入学試験で出会ったジェルスク・ピーターソン(左)とジャラ・ストゥープ(右)の2人によって2013年にアムステルダムで設立。これまで他ブランドとのコラボレーションも積極的に行ってきた。

カセドラル

〈ナイキ〉の《エア フォース 1》と〈アディダス オリジナルス〉の《スタンスミス》をアレンジした2モデルを展開。58,000円〜。●東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビルB1 TEL 03 6264 4533。12時〜20時。不定休。