〈シャーク〉のハンディクリーナーと日本の伝統工芸が異色のコラボ。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈シャーク〉のハンディクリーナーと日本の伝統工芸が異色のコラボ。

ファッショナブルなデザインとパワフルな吸引力で話題を集めるアメリカ・ボストン生まれのハンディクリーナー〈Shark(シャーク)〉EVOPOWERと、長崎県の〈臥牛窯(がぎゅうがま)〉がコラボレーション。特別限定品が予約販売中だ。

限定販売される〈Shark〉EVOPOWER。左から春・夏・秋・冬、各モデル12台ずつ合計48台を販売する。
昨年9月に発売されて以来、大ヒット中のハンディクリーナー〈Shark〉EVOPOWER。スリムに見えてパワフルな吸引力とスタイリッシュなデザインが話題を呼び、発売初月にハンディクリーナー市場で売り上げシェア2位を達成し、その後もシェアを拡大し続けている。そんな〈Shark〉EVOPOWERのハンディクリーナーと今回コラボしたのが、17世紀に開かれ幻の名陶とされる「現川焼」の奥義を相伝している〈臥牛窯〉の現川様式四季点描十四代横石臥牛筆だ。
長崎県無形文化財に指定されている〈臥牛窯〉「現川焼」の技法。
〈Shark〉日本法人の社長ゴードン・トムが、かつて日本に滞在した際に十三代横石臥牛に出会い、その400年以上続く伝統と繊細で美しい技術に感銘を受けたという。30年という時を経て、昨年再び〈臥牛窯〉を訪れたのがきっかけで異色のコラボレーションが実現した。今回、匠の技により描かれた特別限定品は、春夏秋冬と四季をテーマの4モデル。それぞれ12本ずつ、計48本の限定販売となる。時代とともに進化する和の逸品と最新技術の協同作品を、この機会にぜひ!
満開の桜と白鷺を描いた「春」は、 入学や新社会人といった新しい門出を祝う贈答品としても最適。
夏の夜空を思わせる、銀河をモチーフとした「夏」。 星々の煌めきが幻想的な雰囲気を醸しだしている。
月見をする白鷺が描かれた「秋」。 縁起の良いデザインは、お部屋のインテリアとしても。
二羽の鶴が舞う「冬」。縁起物を描いたデザインは、お正月やお祝いの気分を華やかに盛り上げてくれそう。
満開の桜と白鷺を描いた「春」は、 入学や新社会人といった新しい門出を祝う贈答品としても最適。
夏の夜空を思わせる、銀河をモチーフとした「夏」。 星々の煌めきが幻想的な雰囲気を醸しだしている。
月見をする白鷺が描かれた「秋」。 縁起の良いデザインは、お部屋のインテリアとしても。
二羽の鶴が舞う「冬」。縁起物を描いたデザインは、お正月やお祝いの気分を華やかに盛り上げてくれそう。
価格は22,680円(消費税、送料、手数料込み)。現在予約受付中~2月28日 23:59までの期間、公式サイトから予約購入でき、3月上旬に購入者(もしくは当選者)に連絡。詳しいスペックなども公式サイトへ。