NYでリアルサイズ「人形の家」デザイン展。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

NYでリアルサイズ「人形の家」デザイン展。

実際に中を歩き回ることができる、等身大「人形の家」。デザイン・エキスパートが本気で取り組んだ、大人の遊び心の結晶です。

Courtesy of Friedman Benda
Photography by Timothy Doyon
Courtesy of Friedman Benda
Photography by Timothy Doyon
デザインに強いアートギャラリー〈フリードマン・ベンダ〉が毎年催す、ゲストキュレーター企画。シリーズ5回目となる今回の〈Blow-Up〉展でキュレーターに選ばれたのは、建築デザイン雑誌『PIN-UP』の創始者で編集者のフェリックス・ビュリクターだ。

実物大のドールハウスがコンセプトで、ギャラリー全体が寝室やリビング、書斎やキッチン、子供部屋も備えた「家」に変身する。用いられるのは、今が旬のケイティ・スタウトをはじめ、カンパーナ兄弟、倉俣史郎、ガエターノ・ペッシェ、ラファエル・デ・カルデナスといったデザイナーによる家具たちだ。デザイン同士の対話や思わぬ化学反応が発見できるのはもちろん、自分自身も等身大のドールハウスの一部になるような、ちょっと奇妙で愉快な感覚を味わってみたい。

『Blow Up』

〈Friedman Benda〉
515 W 26th St., New York TEL (1) 212 239 3587。2019年1月10日~2月16日。月~土曜10時~18時。月曜は予約制。日曜休。入館無料。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます