〈マルニ〉が作る動物の彫刻が子どもたちをサポート。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈マルニ〉が作る動物の彫刻が子どもたちをサポート。

〈マルニ〉イタリアのファッションブランド〈マルニ〉が、今年もチャリティープロジェクト《マルニ・アーク(箱舟)》を実施する。

2018年のクリスマス、〈マルニ〉は新しい《マルニ・アーク(箱舟)》プロジェクトを発表。今年も慈善活動へのサポートを行う。
子鹿 33,500円。
雄牛 35,200円。
子鹿 33,500円。
雄牛 35,200円。
《マルニ・アーク》とは工芸とアート作品の間に位置する、楽しい動物たちの彫刻たちのこと。2018年を通して、世界中の〈マルニ〉の新しいショップオープンに寄り添い、お祝いしてきた。フィレンツェのショップではめんどりが登場、ニューヨークのマディソン・アヴェニューの新店舗では子鹿が祝い、ローマでは雄牛が人気者になり、パリ・サントノレ通りのショップではおんどりがシンボルとなった。
おんどり 37,200円。
めんどり 33,500円。
ロバ 33,500円。
おんどり 37,200円。
めんどり 33,500円。
ロバ 33,500円。
キュートな動物たちは、コロンビア東部にある女性たちのコミュニティーで手作業によって作られる。いずれもパピエマシェ(張り子)とビーズからできており、一つを作るのに4日間を要する。

イマジネーションとお気楽な思想から生まれる動物たちは、《マルニの箱舟-2018年クリスマス》の名のもと、ホリデーシーズンを通して、〈マルニ〉のショップとウェブサイトに集合。12月8日より販売がスタートする。新たにロバと豚の2頭も新たなメンバーとして加わる予定だ。
なお、《マルニ・アーク》の売上の一部は、ミラノ州で養子縁組や里親に関わる子どもたちや家族をサポートする〈Piccolo Principe S.C.S Onlusが推進する「La casa sull’albero(ツリーハウス)」プロジェクトに寄付される。

愛らしく、そして洗練された動物たちと手に入れて、チャリティーに参加してみては?