コーア・クリントとボーディル・ケア、二人の巨匠の復刻家具が並ぶ特別展示! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

コーア・クリントとボーディル・ケア、二人の巨匠の復刻家具が並ぶ特別展示!

〈カール・ハンセン&サン〉創業110年を記念した特別展示が、青山にあるフラッグシップ・ストアで開催。ともにデンマークのデザイナーであるコーア・クリントとボーディル・ケア、二人の名作家具の復刻品が並ぶ。

コーア・クリント《KK47000 サファリチェア》のアニバーサリーモデル。デニム生地が用いられている。
今年、〈カール・ハンセン&サン〉から復刻された、ボーディル・ケアの「Indoor-Outdoor」シリーズ。
コーア・クリント《KK47000 サファリチェア》のアニバーサリーモデル。デニム生地が用いられている。
今年、〈カール・ハンセン&サン〉から復刻された、ボーディル・ケアの「Indoor-Outdoor」シリーズ。
ハンス J.ウェグナーをはじめ、数々の名デザイナーが手がける家具を世に送り出してきた〈カール・ハンセン&サン〉が、今年で創業110周年に。これを記念する特別展示「BEYOND BOUNDARIES – THE TIMELESS DESIGN - Denim Safari + Indoor-Outdoor」を、10月19日〜11月4日の期間、フラッグシップ・ストア東京で開催する。

展示されるのは、コーア・クリントとボーディル・ケア、両名の名作家具。1933年に発表されたコーア・クリントの《KK47000 サファリチェア》のデニム生地バージョンが展示されるが、これは〈カール・ハンセン&サン〉110周年アニバーサリーモデルとして製作されたもの。長く愛されてきたモダンデザインの逸品に、デニムの親しみやすい風合いが加わっている。

ボーディル・ケアは、過去のデザインワーク25作品を世界7社が一斉に復刻することが今春のミラノサローネで発表され、一躍話題に。〈カール・ハンセン&サン〉から復刻したのは、1959年発表の「Indoor-Outdoor」シリーズ。その名の通り、屋内外での使用が念頭に置かれており、優れた耐久性のもと、使えば使うほど美しく経年劣化していく。チェアのほか、テーブル、ベンチ、ソファといったシリーズラインナップによって、今回の展示が構成されている。また、連動イベントとして、神宮前のレストラン&バー〈Top Terrace Ones〉では、「Indoor-Outdoor」シリーズを用いたラウンジ「CHS Rooftop Pop-up Café by Ones」を同期間にオープンする。

時を超えて甦った、デンマークデザインの巨匠たちの名作に触れることのできる、贅沢な機会だ。
コーア・クリントの《KK47000 サファリチェア》は11のパーツからなり、工具を使わずに組み立て・解体ができる。
コーア・クリント
コーア・クリントの《KK47000 サファリチェア》は11のパーツからなり、工具を使わずに組み立て・解体ができる。
コーア・クリント
これまで様々な高級材で製作されてきたボーディル・ケアの「Indoor-Outdoor」。今回の復刻では、無垢のチーク材が使用されている。
ボーディル・ケア
これまで様々な高級材で製作されてきたボーディル・ケアの「Indoor-Outdoor」。今回の復刻では、無垢のチーク材が使用されている。
ボーディル・ケア
関連記事:デンマークの女性建築家、ボーディル・ケアを知っていますか?

「BEYOND BOUNDARIES – THE TIMELESS DESIGN – Denim Safari + Indoor-Outdoor」

〈Carl Hansen & Son Flagship Store Tokyo〉東京都渋谷区神宮前2-5-10 青山アートワークス 1/2F。10月19日〜11月4日。11時〜20時(土日祝〜19時)。

「CHS Rooftop Pop-up Café by Ones」

〈Top Terrace Ones〉東京都渋谷区神宮前 3-30-12 Gビル神宮前 5F。10月19日〜11月4日。12時〜18時30分。