古今東西 かしゆか商店【黒釉の輪花鉢】 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

古今東西 かしゆか商店【黒釉の輪花鉢】

『カーサ ブルータス』2018年7月号より

日常を少し贅沢にするもの。日本の風土が感じられるもの。そんな手仕事を探して全国を巡り続ける店主・かしゆか。今回はうつわ特集に合わせた特別編と題して奈良の生駒へ。大好きな陶芸家、高島大樹さんの工房兼自宅を訪ねた。

かしゆかさん、いいうつわ見つかりましたか?
「うつわの特集号をつくるので、かしゆか商店もうつわ作家の工房に行きませんか?」。カーサ ブルータスの編集部からそう聞いてまず思い浮かべたのは、奈良の高島大樹さん。花の形をした“輪花皿”で大人気の陶芸家です。私は2年前に知ったのですが、人気がありすぎていつも完売状態。でも、個展は1年に3回で東京では2年に1度だけ、しかも早朝から行列ができると聞いて、興味がわきました。そして幸運にも個展で買うことができ、自分で使って納得したんです。とにかく、かわいい。本当にかわいい。黒釉の輪花皿は料理を引き立て、白い粉引は料理をふんわり包み込む。確かに、これは並んででも買いたくなる!
Buying No.04【 黒釉の輪花鉢 】 料理の色をぐっと引き立てるふだん使いの大鉢です。
そんな高島さんは、昭和40年代に建てられた一軒家に、ご家族とフレンチブルドッグのボンと暮らしています。以前はリビングの一角が仕事場でしたが、最近改築して工房スペースを独立させました。自宅と工房の間には、高島さんがイチから設計したというギャラリースペースもあって、アンティークのステンドグラスがとても素敵。10年前に骨董店で見つけ、改築する時のためにキープしてもらっていたそうです。

工房と自宅の間のギャラリー。高島さんの作品のほか、スペインのうつわなど、形や絵付けのイメージソースが並ぶ。棚を見つめて「絵皿も素敵ですね」とかしゆか店主。
小さな絵皿とリースを合わせたディスプレイ。描かれているのは、高島さんが大好きな犬。
工房と自宅の間のギャラリー。高島さんの作品のほか、スペインのうつわなど、形や絵付けのイメージソースが並ぶ。棚を見つめて「絵皿も素敵ですね」とかしゆか店主。
小さな絵皿とリースを合わせたディスプレイ。描かれているのは、高島さんが大好きな犬。
そしてギャラリーの奥にある工房では、五寸(15cm)の輪花皿をつくる工程を見せてもらいました。厚さ6mmの板状にした土を花形の型の上に伏せ、布をかぶせてギュッと押しあてることで輪花状に成形します。さらに花びらのラインを深くしたり輪郭を削ったり。これを一人で1000点も2000点もつくるなんてすごい。
以前から大ファンだった奈良の陶芸家、高島大樹さんの工房。道具や材料、乾燥中の作品まで、きちんと整理整頓された空間に感心しきりのかしゆか店主。「仕事場のきれいさが、うつわの美しさにもつながっているのかな」