映画『マトリックス』に登場、あの”バナナフォン”が復活しました! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

映画『マトリックス』に登場、あの”バナナフォン”が復活しました!

『カーサ ブルータス』2018年6月号より

キアヌ・リーブスが映画『マトリックス』で使用して人気となった〈NOKIA〉のガラケーが復刻! って、なぜスマホ全盛の今?

Nokia 8110 4G  1996年に発売され『マトリックス』に登場したことで爆発的人気に! 復刻版はアンドレア・フィンケ=アンローフデザインのオリジナル版をローン・フォーサイス率いるデザインチームが改良。輸入サイトから購入可能。
送られてきた《Nokia8110》にモーフィアスから着信アリ! 危険を知らされたトーマス(ネオ)はバナナフォンを落とし、絶体絶命。
<strong>Nokia 8110 4G</strong>  1996年に発売され『マトリックス』に登場したことで爆発的人気に! 復刻版はアンドレア・フィンケ=アンローフデザインのオリジナル版をローン・フォーサイス率いるデザインチームが改良。輸入サイトから購入可能。
送られてきた《Nokia8110》にモーフィアスから着信アリ! 危険を知らされたトーマス(ネオ)はバナナフォンを落とし、絶体絶命。
1999年公開の映画『マトリックス』といえば、哲学的なテーマや革新的な映像で映画界に新風を吹き込んだSF大作。キアヌ・リーブス演じるネオが使う《ノキア8110》は当時、最高にクールな携帯電話だった。あれから19年、ラリー&アンディのウォシャウスキー兄弟監督はラナ&リリーへと性と名前を変え、携帯電話はスマホ全盛期へシフト。そんな中〈ノキア〉が4G LTE対応モデルの復刻を決定!

なぜ、今? と思うが、そりゃ神デザインだから。テンキー部分を覆うカバーがスライドダウンする湾曲ボディの形状から“バナナフォン”と誰もが憧れた。残念ながら当時はイエローの発売はなかったが、復刻版でついにイエローが登場。まさにバナナな外見はそのままで、SNSができる4G対応のOSを搭載するなど技術面をアップグレード。もちろん、映画を知らない人にとってはただのガラホ。しかし「満つれば虧く」のは携帯も同じ。必要な機能だけというシンプルさが脱スマホにぴったりなので、オフの日用にぜひ1台どうぞ!