世界のメジャーブランドがオリジナルフォントに! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

世界のメジャーブランドがオリジナルフォントに!

『カーサ ブルータス』2018年1月号より

ネットに突如、登場した新鋭デジタルアーティスト。歴史的デジタルアイテムをフォントにカスタムしました。

アップル社の初期製品のデザインエッセンスを詰め込んで作られたフォント「A」。3Dデータでベースのフォントを作り、その表面を飾っていくグラフィックアート。
アップル社の初期製品のデザインエッセンスを詰め込んで作られたフォント「A」。3Dデータでベースのフォントを作り、その表面を飾っていくグラフィックアート。
ネットで話題になり、瞬く間に世界中に拡散した3Dオリジナルフォント。作者であるブラジル人デザイナーのウィニシウス・アラウージョに話を聞いた。

僕が作りました! 数字も鋭意製作中。

ウィニシウス・アラウージョ 1984年リオデジャネイロ生まれ。グラフィック&モーションデザイナー。DJとして活動する傍らデザインを独学し、音楽関係の広告を多く手がけている。
Q フォントの発想はどこから?
僕が講師を務めるデザインコースで、表面が硬質なものを3Dでリアルに描く課題を考えていて思いついたんだ。それには昔の電化製品がぴったりだってね。アップルの初期のモニターでAを作ってみたらこれはいける! と。アイデアがあふれ、7日間で完成させたよ。5日間寝ずにね!

Q デザインのこだわりは?
インパクトを高めるため、すでにイメージが定着しているブランドを使用したよ。そして、そのブランドが歴史の中で果たした重要性に注目したんだ。例えば今はプリンターで有名な〈HP〉も、創立当時は計算機ブランドとして知られていただろう? だからその計算機でフォントを飾ったんだ。

Q 誰もが知るブランドの、昔のイメージを組み立て直したと。
大量にスピーディーに製品が誕生する現在、今は存在しないが昔、存在したイメージは、ノスタルジーという感情以上のものを与えてくれる。だから、当時のオンリーワンなイメージをフォントとして再現したんだ。混沌とする現代社会の中で、僕らもオンリーであることを求めているだろう?
もちろんA〜Zまで網羅してます!
もちろんA〜Zまで網羅してます!
Q 今後はどのような活動を?
既にマイアミでの展覧会のオファーを受けているよ。国際アートプロジェクトに応募したり、作品の幅や発表の場を広げていきたい。

Q それで、私たちはこのフォントを使えるんですか?
リクエストがあれば検討するよ!
ブランドの頭文字をヒット製品で表現。作者のお気に入りは細部まで表現できた〈テクニクス〉のT。
ブランドの頭文字をヒット製品で表現。作者のお気に入りは細部まで表現できた〈テクニクス〉のT。