未知の才能の宝庫、ダッチ・デザインウィークへ。|土田貴宏の東京デザインジャーナル | カーサ ブルータス Casa BRUTUS
1/21
デザインアカデミー・アイントホーフェンの卒展から。フランシェ・ジンブレーレの《Standing Textile(s)》は、3Dプリンティングの技術を使い繊維を立体的に編み上げた。
2/21
マリヤ・ドンドヴィックの《LEANING SHELFS》は、壁面に溶け込んでいるかのような棚。
3/21
タマラ・ファン・ロイの《Flux Rug》は、三原色の糸で特殊な刺繍を施すことで、視点や光の角度により鮮やかに色が変わる不思議なラグ。
ダッチ・デザインウィークはオランダで最も注目されるデザインイベントだが、開催地は地方都市のアイントホーフェン。世界的に活躍する数々の著名デザイナーを輩出してきた〈デザインアカデミー・アイントホーフェン〉がある街だ。この学校の10月の卒業制作展に国外からも多くのキーパーソンが集まることから、地元で活動する卒業生たちも展示を行うようになったのがダッチ・デザインウィークの始まり。現在も家具メーカーの出展より、インディペンデントなデザイナーたちの展示が目立つ。デザインウィークを名乗るイベントは世界各地で数知れないが、こんなイベントは珍しい

デザインアカデミーはアイントホーフェン中心部にあり、ダッチ・デザインウィークの主要な会場になっている。著名なギャラリストから一般市民まで、多くの人々がその卒展に足を運ぶ。常識を超えるほどにコンセプチュアルなデザインも多いが、たとえ作者が無名でも、その価値が広く浸透しているのがわかる。

同じく市内中央部、VDMAというインダストリアルなスペースでは、新興メーカーやデザイナー単位の展示が集まっている。フード、テクノロジー、リサイクルなどをテーマにした作品が多い中、オランダの次世代を担いそうな新進デザイナーの展示も冴えていた。
4/21
アトリエ・マッツとアネ・リテンベルフというデュオの展示。グラデーションの美しいグラフィック作品とともに、樹脂を使って2次元と3次元を結びつけるような作品を発表。
5/21
イタリアの照明ブランド〈フォンタナアルテ〉にも起用されている注目株、OS&OOSもアイントホーフェンで活動するデザイナー。これはグリッドで構成した家具コレクション《MATRIX》。
アイントホーフェン北西部は「ストライプ」と呼ばれる再開発地域で、新旧の大規模な建物が混在し、イベントのもうひとつの中心地になっている。このエリアの西端にあるのが、廃材製の家具で有名なピート・ヘイン・イークの工房を核とする広大な建物。デザインウィークに合わせてピートの新作が展示されたほか、多くの作り手たちが出展していた。
6/21
〈イケア〉から発表されるピート・ヘイン・イークの家具の新しいコレクション。まだプロトタイプだが、予定価格は椅子で69ユーロ。
7/21
ピートの建物で展示されたスタジオ・カロリン・スロッチェの代表作《Air Planting》。細いワイヤーを手編みしてエアプラントをセットしたものを、モビールにして展示していた。
8/21
9/21
スタジオをピートの建物の中に構えている二人組、シューブリン&リンデマンの展示。自分たちのデザインをラインアップする新ブランド〈HAAVE〉をスタートさせた。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます