【サローネ速報】有田焼の技術とデザインの融合〈2016/〉が世界デビュー。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

【サローネ速報】有田焼の技術とデザインの融合〈2016/〉が世界デビュー。

1616年に佐賀県・有田から始まった日本の磁器製造。創業から400年の記念すべき年にあたる今年、有田の新磁器ブランド〈2016/〉のコレクションが発表された。

〈2016/〉展示風景。手前の5点は錦右衛門陶苑とクーン・カプートによる作品。
柳原照弘とショルテン&バーイングスという、日本とオランダのデザインシーンを牽引するデザイナーがクリエイティブディレクターを務める〈2016/〉は、その2組を筆頭に16人のデザイナーと、高度な技術を持つ10の窯元の協力によって作られている。

会場に並んだのは、食器や花瓶、デスクトップの小物やアクセサリーなど、日常での使用を前提にしたさまざまな製品のスタンダードコレクションと、限定30セットのみ製造されるエディションの2ライン。
久保田稔製陶所とビッグゲームによるコーヒーセット。
畑萬陶苑とサスキア・ディーツによるジュエリー。
スタンダードコレクションには、錦右衛門陶苑が得意とする、エアブラシでの色付け「吹付」で表面に色彩のグラデーションとテクスチャーを纏わせた、クーン・カプートによる花瓶とボウルや、古来より日本で使用されて来た龍や鯉、ヘビなどの鱗をモチーフに畑萬陶苑が絵付けしたサスキア・ディーツの指輪やブレスレット。ビッグゲームのデザインで久保田稔製陶所が製造する、多孔質なコーヒードリッパーや耐熱ケトルのコーヒーセットなどがラインナップ。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます