払う、拭う、磨く。心も整う“掃除の道具”10選。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

払う、拭う、磨く。心も整う“掃除の道具”10選。

いい掃除道具の条件ってなんだろう。身のまわりを確実にきれいにする機能性と、ついつい手に取りたくなる美しさ。加えてカーサが大切にしたいのは、「品のよさ」や「凛々しさ」だ。ホコリを払う、汚れを拭う、ピカピカに磨きあげる。使うことで気持ちも整う秀逸な掃除道具10選です。

・「払う」道具|〈箒工房佐京窯〉の《南部和箒》

職人が自ら育てたホウキモロコシで作る《南部和箒》。柄には根本がボコボコした布袋竹を使用。穂を抑える縄状のヒモは福島・奥会津の伝統工芸“ヒロロ”。山ブドウやマタタビを使う編み組細工だ。大・全長約107cm 22,000円/中・全長約91cm 20,350円(kuriya)。
丈夫なホウキモロコシを、力を込めてギュギュッと編み上げる。手にとるたびにうれしくなる美しさ。
この細かい縮れが細かいホコリも簡単に絡め取る。箒の材料になるホウキモロコシのうち、涼しい土地で育つ種に特有の形状だとか。
高性能掃除機でも取りづらい床のホコリやカーペットの糸くずを、面白いほどササッと絡め取ってしまう道具がある。その名は《南部和箒》。東北の地で育てたホウキモロコシ独特のちりちりっと縮れた穂が、小さな塵もゴミも軽やかに取り去ってくれるのだ。

つくり手は青森県の〈箒工房佐京窯〉。自ら育てたホウキモロコシを1本1本手刈りで収穫し、蒸し煮して干して選別して、箒に編み上げる。その穂は柔かいけれどコシがあり、何十年も使える強さを備えている。

いちばんの魅力は、細部まで惚れ惚れするほど美しい姿。リビングの壁に掛けておきたくなるから、ホコリが気になった時にすぐ掃ける。使ってみると音の心地よさにもハッとする。音楽を聴きながら、鼻歌を歌いながら。ストレスなく掃除できるのがうれしい。 

日本最古の書物『古事記』にも祭祀の道具として登場する箒。身辺を清め、魔を払う神聖な存在は、現代の暮らしにも美しさと心地よさと、気持ちの平安をもたらしてくれる。

公式サイト
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!