デザインアイテムが集結! ドイツ「アンビエンテ」リポート。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

デザインアイテムが集結! ドイツ「アンビエンテ」リポート。

「アンビエンテ」は、ドイツ・フランクフルトで開催される生活雑貨の世界最大の見本市。テーブルウェアやキッチンツール、インテリア小物やテキスタイル、アクセサリーなどのアイテムを集めた、巨大ライフスタイルショップのような場所なのだ。

「トレンド2016」。
「ミラノサローネ」は家具が強いのに対し、こちらはとにかく生活に密着したデザインが溢れている。今年は96か国から4,387社が出展し、143か国からバイヤー13万7,000人が集まった。日本で話題のあの店、この百貨店……人気ショップの商品の大半はここで買い付けられたといっても過言ではない。

会場には「トレンド2016」と題された展示ゾーンがある。毎年、主催者がプロのデザイン分析家と共に定点観測した1年間のリサーチ結果を、実際の商品でプレゼンテーションするという展示だ。

世界のバイヤーは、まずここを詣でて、これからの売れ筋をチェックするのだ。会場面積は30万㎡もある。まずここで、全体を把握してから、バイヤーたちは次々と会場に散っていく。会場では買い物心が湧き上がるのだが、残念ながら商談専門の見本市で一般客は入れないし、もちろん買い物もできない。そんなクローズドな空間だからこそ、最新の情報が集まるもの。現地で見た中から、日本にも入ってきそうな人気アイテムをピックアップしてご紹介しよう。
〈デザインレターズ〉
「アンビエンテ」は、ドイツの見本市だが、北欧のブランドが多く集まる見本市でもある。家具の復刻ブームが生活雑貨ブランドにも及んでいるのは、〈イッタラ〉などでもご存じの通り。アルネ・ヤコブセンのタイポグラフィを復刻してアイテムを作っている〈デザインレターズ〉はすでに日本でも人気のブランド。今年はヤコブセンが1940年代にデザインした花柄や幾何学柄などのパターンを復刻し、それをあしらったステーショナリーが登場した。
同じく〈デザインレターズ〉から。ヤコブセンがSASロイヤルホテルのためにデザインした花器が復刻された。このお尻がむっくりとしたデザインは、SASロイヤルホテルのためにデザインしたドロップチェアとフォルムが似ている。建築空間の景色の中に同じモチーフの家具や花器を揃える。ヤコブセンの総合的なプロデュース力が垣間見える。